巨人・菅野が西武・菊池を制し沢村賞受賞!/沢村賞を逃した投手たち1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年10月30日、今季の沢村賞に菅野智之(巨人)が選出されたことが発表されました。

沢村賞は、その年セ・パ両リーグで最も優秀だった「先発完投型」の投手を表彰する賞です。

なお沢村賞には、以下の7項目の選考基準があります。(必ずしも7項目すべてをクリアしなければいけないということではありません。)

●登板試合数/25試合以上
●完投数/10試合以上
●勝利数/15勝以上
●勝率/6割以上
●防御率/2.50以下
●投球回数/200イニング以上
●奪三振/150個以上

以前当ブログでも取り上げましたが、今季は菊池雄星(西武)も菅野に劣らない非常に優秀な成績を残し、どちらが選出されるのか注目を集めていました。

関連記事:同時受賞もあり得るか?巨人・菅野と西武・菊池の激しい沢村賞争い!

スポンサードリンク

菊池が沢村賞を受賞できなかった理由とは?

今季の菅野と菊池の成績はこちら。(カッコ内の数字は沢村賞の選考基準をクリアした数)

菅野智之(巨人)
26試合 5完投 17勝5敗 勝率.773 防1.59 187.1回 171奪三振(5)


菊池雄星(西武)
26試合 6完投 16勝6敗 勝率.727 防1.97 187.2回 217奪三振(5)

まさに甲乙つけ難い成績です。両者とも最多勝と最優秀防御率を獲得しています。

完投数、勝利数、勝率はほとんど互角と言っていいでしょう。

防御率で菅野が菊池に0.38の差をつけましたが、その分菊池は菅野より46個も多い奪三振数を記録し、このあたりもイーブンという感じで悩ましいです。

そして沢村賞の選考基準は、どちらも同じ項目を5つずつクリアしました。

ここまで拮抗した成績を残した2人の中から沢村賞を選出するのは難しかったと思いますが、選考会では結果的には全会一致で菅野に決定したそうです。

これは公式には発表されていませんが、おそらく理由としては、今季菊池がパ・リーグ優勝チームのソフトバンクに全く歯が立たなかったことが大きかったと思います。

菊池のソフトバンクとの対戦成績はなんと0勝4敗で、防御率は7.97。

私は選考委員が2人の表面的な数字だけを見て、今季の沢村賞は菅野と菊池の同時受賞とすることを危惧していましたが、さすがに見るべきところは見ていたようで安心しました 笑

しかし、菊池も例年であれば間違いなく受賞できる優秀な成績でした。こんな「たら、れば」はナンセンスですが、もしも菅野がいなければ、今季の沢村賞は菊池だったでしょう。

沢村賞は、基本的には毎年1人の投手だけが選出されます。同時受賞というのは例外中の例外です。

そのため、過去にも今季の菊池と同じように、優秀な成績を残しながらも運悪く沢村賞を逃した投手が数多くいました。今回はそういう投手たちにスポットを当ててみたいと思います。

沢村賞を逃した投手たち 1987~1988

昨年までの過去30年間(1987~2016年)で、沢村賞受賞はならなかったものの「十分沢村賞に値する好成績を残した投手」を実際の受賞者とともに3回に渡ってご紹介します。

なお、沢村賞は1989年以前はセ・リーグの投手だけを選考対象としていました。

しかし上述したように、今回は「優秀な成績を残しながらも運悪く沢村賞を逃した投手」ということで、「制度の問題」で「運悪く」沢村賞を逃した1987~1989年のパ・リーグの投手もご紹介します。

1回目は、1987~1996年の記録です。

※赤文字で表記された投手が実際の受賞者です。
※成績の後ろにあるカッコ内の数字は沢村賞の選考基準をクリアした数です。

1987
桑田真澄(巨人)
28試合 14完投 15勝*6敗 勝率.714 防2.17 207.2回 151奪三振(7)

工藤公康(西武)
27試合 23完投 15勝*4敗 勝率.789 防2.41 223.2回 175奪三振(7)

山沖之彦(阪急)
32試合 15完投 19勝10敗 勝率.655 防2.75 245.1回 157奪三振(6)

小松辰雄(中日)
28試合 10完投 17勝*6敗 勝率.739 防2.74 200.1回 147奪三振(5)

実はこの年、工藤も桑田と同じく選考基準全項目クリアを達成していました。しかも完投数は桑田を9つも上回る驚異の23完投。もし工藤が選考対象だったら、選考委員は頭が痛かったことでしょう。山沖、小松はそれぞれ最多勝を獲得し、十分受賞に値する成績を残しています。

 
1988
大野豊(広島)
24試合 14完投 13勝*7敗 勝率.650 防1.70 185.0回 183奪三振(4)

西崎幸広(日本ハム)
29試合 21完投 15勝11敗 勝率.577 防2.50 241.2回 181奪三振(6)


大野は沢村賞歴代最少の13勝ながら、セ・リーグ13年ぶりの防御率1点台で異例の受賞となりました。一方西崎は大野を上回るパ・リーグ最多の15勝。選考基準も大野より2つ多い6項目クリアで、もし西崎が選考対象であれば、私は西崎が沢村賞にふさわしかったと思います。

沢村賞を逃した投手たち 1989~1992

1989
斎藤雅樹(巨人)
30試合 21完投 20勝7敗*S 勝率.741 防1.62 245.0回 182奪三振(7)

阿波野秀幸(近鉄)
29試合 21完投 19勝8敗1S 勝率.704 防2.71 235.2回 183奪三振(6)

西本聖(中日)
30試合 15完投 20勝6敗*S 勝率.769 防2.44 246.2回 *96奪三振(6)

桑田真澄(巨人)
30試合 20完投 17勝9敗*S 勝率.654 防2.60 249.0回 155奪三振(6)

この年は非常にハイレベルな争いでした。斎藤の受賞は文句なしですが、パ・リーグ最多の19勝を挙げた阿波野の成績も素晴らしいです。西本も斎藤と並ぶ20勝。巨人から中日に移籍して1年目、意地を見せました。実は桑田も例年なら十分受賞を狙える好成績ですが、さすがに霞んでしまいます。

 
1990

野茂英雄(近鉄)
29試合 21完投 18勝*8敗 勝率.692 防2.91 235.0回 287奪三振(6)

斎藤雅樹(巨人)
27試合 19完投 20勝*5敗 勝率.800 防2.17 224.0回 146奪三振(6)

渡辺久信(西武)
30試合 16完投 18勝10敗 勝率.643 防2.97 224.1回 172奪三振(6)


新人で投手タイトル独占の野茂が初受賞となりましたが、単純に数字だけを見れば、2年連続20勝を挙げた斎藤がふさわしいのでは?と個人的には思います。ちなみに沢村賞は受賞経験者より受賞経験なしの投手の方が有利です。渡辺もほとんどの成績で野茂に次ぐリーグ2位と好成績でした。

 
1992

石井丈裕(西武)
27試合 *8完投 15勝3敗3S 勝率.833 防1.94 148.1回 123奪三振(4)

野茂英雄(近鉄)
30試合 17完投 18勝8敗*S 勝率.692 防2.66 216.2回 228奪三振(6)

斎藤雅樹(巨人)
25試合 12完投 17勝6敗*S 勝率.739 防2.59 187.2回 148奪三振(4)

パ・リーグ10年ぶりの防御率1点台を記録した石井が初受賞しましたが、投球回数はなんと沢村賞歴代最少の148.1回。少し選考基準がブレすぎな気がします。それならこの年こそ野茂が受賞にふさわしかったのではないでしょうか。斎藤もさすがの好成績で3回目の最多勝を獲得しました。

 
以上延べ11人です。いかがだったでしょうか。

次回は1997~2006年の記録をご紹介します!


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る