新人王の翌年の成績3/「巨人・新人王4人衆」はみな翌年も活躍!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年11月20日に行われる「NPB AWARDS 2017」にて、いよいよ今季の新人王が発表されます。一体どの選手が選ばれるのでしょうか。

ところで新人王と言えば、気になるのはやはり「2年目のジンクス」です。

スポンサードリンク

新人王の翌年の成績は? 2007~2016

昨年までの過去30年間(1987~2016年)の新人王たちの、新人王を獲得した年とその翌年の成績を比較してみます。

前回の記事では、1997~2006年の新人王たちを振り返りました。今回は2007~2016年の新人王たちをご紹介します。

ちなみに、新人王獲得の翌年の成績の後ろにあるカッコの中の矢印は、前年に比べて成績が上がったか、横ばいか、下がったかを示しています。

 
2007年
セ 上園啓史(阪神)

2007  8勝5敗 防2.42 85.2回 83奪三振 WHIP1.19
2008  4勝0敗 防3.14 43.0回 38奪三振 WHIP1.35
(↓)

パ 田中将大(楽天)
2007  11勝7敗0S 防3.82 186.1回 196奪三振 WHIP1.35
2008  *9勝7敗1S 防3.49 172.2回 159奪三振 WHIP1.30
(→)

 
2008年
セ 山口鉄也(巨人)

2008  11勝2敗2S23H 防2.32 73.2回 69奪三振 WHIP0.99
2009  *9勝1敗4S35H 防1.27 78.0回 92奪三振 WHIP0.86
(↑)

パ 小松聖(オリックス)
2008  15勝3敗 防2.51 172.1回 151奪三振 WHIP1.02
2009  *1勝9敗 防7.09 *91.1回 *74奪三振 WHIP1.76
(↓)

 
2009年
セ 松本哲也(巨人)

2009  .293(372-109)0本 15打点 25四死球 16盗塁 OPS.665
2010  .287(317-*91)0本 22打点 21四死球 17盗塁 OPS.672(→)

パ 攝津正(ソフトバンク)
2009  5勝2敗0S34H 防1.47 79.2回 102奪三振 WHIP1.08
2010  4勝3敗1S38H 防2.30 82.1回 *89奪三振 WHIP0.89
(→)

 
2010年
セ 長野久義(巨人)

2010  .288(430-124)19本 52打点 27四死球 12盗塁 OPS.821
2011  .316(519-164)17本 69打点 54四死球 19盗塁 OPS.847(↑)

パ 榊原諒(日本ハム)
2010  10勝1敗0S*6H 防2.63 72.0回 54奪三振 WHIP0.99
2011  *1勝3敗0S23H 防1.66 59.1回 36奪三振 WHIP0.92
(↑)

 
2011年
セ 澤村拓一(巨人)

2011  11勝11敗 防2.03 200.0回 174奪三振 WHIP0.97
2012  10勝10敗 防2.86 169.2回 138奪三振 WHIP1.33
(↓)

パ 牧田和久(西武)
2011  *5勝7敗22S 防2.61 127.2回 *86奪三振 WHIP0.95
2012  13勝9敗*0S 防2.43 178.0回 108奪三振 WHIP1.19
(↑)

 
2012年
セ 野村祐輔(広島)

2012  *9勝11敗 防1.98 172.2回 103奪三振 WHIP1.13
2013  12勝*6敗 防3.74 149.1回 103奪三振 WHIP1.20
(↓)

パ 益田直也(ロッテ)
2012  2勝2敗*1S41H 防1.67 75.1回 57奪三振 WHIP1.06
2013  2勝6敗33S*9H 防2.76 62.0回 66奪三振 WHIP1.31
(→)

 
2013年
セ 小川泰弘(ヤクルト)

2013  16勝4敗 防2.93 178.0回 135奪三振 WHIP1.12
2014  *9勝6敗 防3.66 108.1回 108奪三振 WHIP1.30
(↓)

パ 則本昂大(楽天)
2013  15勝*8敗 防3.34 170.0回 134奪三振 WHIP1.14
2014  14勝10敗 防3.02 202.2回 204奪三振 WHIP1.12
(↑)

 
2014年
セ 大瀬良大地(広島)

2014  10勝8敗0S*0H 防4.05 151.0回 116奪三振 WHIP1.36
2015  *3勝8敗2S20H 防3.13 109.1回 *97奪三振 WHIP1.30
(↓)

パ 石川歩(ロッテ)
2014  10勝*8敗 防3.43 160.0回 111奪三振 WHIP1.26
2015  12勝12敗 防3.27 178.2回 126奪三振 WHIP1.26
(↑)

 
2015年
セ 山崎泰晃(DeNA)

2015  2勝4敗37S7H 防1.92 56.1回 66奪三振 WHIP0.87
2016  2勝5敗33S7H 防3.59 57.2回 61奪三振 WHIP1.39
(↓)

パ 有原航平(日本ハム)
2015  *8勝6敗 防4.79 103.1回 *81奪三振 WHIP1.40
2016  11勝9敗 防2.94 156.0回 103奪三振 WHIP1.21
(↑)

 
2016年
セ 高山俊(阪神)

2016  .275(494-136)8本 65打点 31四死球 5盗塁 OPS.707
2017  .250(328-*82)6本 24打点 24四死球 6盗塁 OPS.669(↓)

パ 高梨裕稔(日本ハム)
2016  10勝2敗 防2.38 109.2回 *86奪三振 WHIP1.05
2017  *7勝7敗 防3.68 117.1回 100奪三振 WHIP1.28
(↓)

 
(↑)… 7人(山口、長野、榊原、牧田、則本、石川、有原)
(→)… 4人(田中、松本、攝津、益田)
(↓)… 9人(上園、小松、澤村、野村、小川、大瀬良、山崎、高山、高梨)

 
今回は、明らかに前回までと違う結果が出ました。成績が上がった選手が一気に増えて、なんと7人もいます。横ばいが4人で、成績が下がった選手が9人。

「2年目のジンクス」の発動率(?)は、50%以下にまで下がっています。

「巨人・新人王4人衆」はみな翌年も活躍!

まず特筆すべきなのは、2008年から2011年までセ・リーグ新人王を独占した巨人勢。1チームが4年連続で新人王を輩出したのは、史上初でした。(それまでは広島の1984~86年の3年連続が最長。)

4人とも翌年もしっかりとチームの戦力となっており、特に山口は最優秀中継ぎ投手、長野は首位打者のタイトルをそれぞれ獲得しています。

1年目に先発、抑えを両方こなして新人王を獲得した牧田は、2年目は完全に先発に固定され、チームトップの13勝。投球回数は大幅に増え、防御率も良くなりました。

有原は8勝、防御率4.79とやや低レベルな成績での新人王獲得でしたが、2年目はチームトップの11勝、防御率も2.94と格段に成績が上がりました。

則本は、2年目に勝利数こそ1つ減ってしまいましたが、投球回数と奪三振数を大幅に増やし、田中将大(現ヤンキース)のメジャーリーグ移籍後の楽天のエースとして名乗りを上げた一年でした。

成績が下がった選手を見ても、澤村、野村は2ケタ勝利を挙げていますし、山崎は史上初の新人の年から2年連続30セーブを記録するなど、それなりに立派な成績を残している選手が多いです。

残念ながら全く戦力にならなかったのは、上園と小松くらいでしょうか。

「新人王の呪い」(?)は年を追うごとに、確実に弱くなっている気がします。

さて、今季の新人王は大方の予想通り京田陽太(中日)と源田壮亮(西武)で決まりなのか。そして、選ばれた選手たちは来年以降も活躍できるのか。楽しみにしたいと思います。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る