新人10勝投手を振り返る2/新人王が4人も!恐るべし「松坂世代」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今季、濵口 遥大(DeNA)が、新人投手でシーズン10勝を記録しました。

それでは、これまでセ・パ両リーグの新人で10勝以上を挙げた投手はどれくらいいたのでしょうか。そしてその投手たちは、2年目以降どのような活躍を見せたのでしょう。

前回の記事では、1987~1996年の新人10勝投手をご紹介しました。

スポンサードリンク

新人10勝投手を振り返る 1997~2006 Part.1

昨年までの過去30年間(1987~2016年)のセ・パ両リーグの新人10勝投手の1年目と2年目の成績、さらに通算成績を10年分ずつ3回に分けてご紹介していきます。

今回は、1997~2006年の新人10勝投手です。

澤崎俊和(広島)
1997  12勝8敗 防3.74 156.1回 106奪三振 WHIP1.34(新人王)
1998  *1勝0敗 防4.94 *23.2回 *18奪三振 WHIP1.77
通算 24勝17敗15S 防4.70
抜群のコントロールとスライダーで12勝を挙げ、新人王を受賞しました。1999年はクローザーとして14セーブを記録しましたが、結局1年目を上回る成績は残せませんでした。2005年に引退。

川村丈夫(横浜)
1997  10勝7敗 防3.32 151.2回 147奪三振 WHIP1.07
1998  *8勝6敗 防3.32 146.1回 *97奪三振 WHIP1.26
通算 71勝64敗4S 防3.72
同年新人王の澤崎を超える防御率、奪三振数で10勝を挙げました。1999年にはエースとして17勝を記録。2004年からは中継ぎ、セットアッパーとして活躍しました。2008年に引退。

川上憲伸(中日)

1998  14勝6敗0S 防2.57 161.1回 124奪三振 WHIP1.08(新人王)
1999  *8勝9敗1S 防4.44 162.0回 102奪三振 WHIP1.33
通算 125勝98敗2S 防3.37(日米通算)
気迫あふれる投球で14勝を挙げ、高橋由伸(巨人)らを抑え、新人王を受賞しました。その後はエースとして2度の最多勝を獲得するなど、2ケタ勝利を通算6回記録しました。今年3月に引退。

上原浩治(巨人)

1999  20勝4敗 防2.09 197.2回 179奪三振 WHIP0.90(新人王)
2000  *9勝7敗 防3.57 131.0回 126奪三振 WHIP1.02
通算 134勝88敗128S 防2.93(日米通算)
19年ぶりの新人20勝で、最多勝、最優秀防御率などタイトルを総なめして新人王受賞。その後はエースとして活躍。2009年からメジャーリーグに移籍し、現在もリリーフ投手として活躍中です。

岩瀬仁紀(中日)

1999  10勝2敗1S 防1.57 74.1回 73奪三振 WHIP1.20
2000  10勝5敗1S 防1.90 80.1回 65奪三振 WHIP1.17
通算 57勝51敗404S 防2.23
セットアッパーとして10勝、防御率1.57で、最優秀中継ぎ投手のタイトルを受賞しました。その後2004年からはクローザーに転向。通算404セーブは歴代最多です。今季は50試合に登板しました。

福原忍(阪神)

1999  10勝7敗9S 防4.09 *70.1回 *53奪三振 WHIP1.38
2000  *5勝9敗3S 防3.29 117.2回 119奪三振 WHIP1.28
通算 83勝104敗29S 防3.49
中継ぎ・抑えとしてフル回転し、10勝を挙げました。その後先発投手として活躍しましたが、2011年からセットアッパーに転向し、5年連続50試合登板を記録しました。2016年に引退。

松坂大輔(西武)

1999  16勝5敗0S 防2.60 180.0回 151奪三振 WHIP1.17(新人王)
2000  14勝7敗1S 防3.97 167.2回 144奪三振 WHIP1.35
通算 164勝103敗2S 防3.49(日米通算)
45年ぶりに高卒新人で最多勝を獲得し、新人王を受賞しました。入団以来3年連続最多勝を記録するなど8年間で108勝。2007年からはメジャーリーグで通算56勝を記録しました。今季は登板なし。

スポンサードリンク

新人10勝投手を振り返る 1997~2006 Part.2

川越英隆(オリックス)
1999  11勝8敗 防2.85 177.0回 134奪三振 WHIP1.16
2000  *8勝6敗 防3.79 *92.2回 *71奪三振 WHIP1.41
通算 54勝76敗 防4.10
8完投・2完封を記録し、11勝を挙げました。2年目以降も先発投手として活躍しましたが、2006年の9勝が最高で、結局1年目を上回る成績は残せませんでした。2011年に引退。

石川雅規(ヤクルト)

2002  12勝*9敗 防3.33 178.1回 104奪三振 WHIP1.19(新人王)
2003  12勝11敗 防3.79 190.0回 *97奪三振 WHIP1.23
通算 156勝151敗 防3.83
開幕からローテーション入りして12勝を挙げ、新人王を受賞しました。その後長年エースとして活躍、2ケタ勝利をなんと通算11回も記録しています。今季は4勝に終わりました。
 
木佐貫洋(巨人)
2003  10勝7敗0S 防3.34 175.0回 180奪三振 WHIP1.21(新人王)
2004  *7勝8敗5S 防5.03 139.2回 154奪三振 WHIP1.56
通算 62勝72敗10S 防3.76
投球回数を上回る奪三振数で10勝を挙げ、新人王を受賞しました。その後、オリックス、日本ハムと合計3球団でプレーし、2ケタ勝利を通算3回記録しました。2015年に引退。

和田毅(ダイエー)

2003  14勝5敗 防3.38 189.0回 195奪三振 WHIP1.20(新人王)
2004  10勝6敗 防4.35 139.2回 115奪三振 WHIP1.15
通算 131勝71敗 防3.12(日米通算)
新人離れした投球術で14勝を挙げ、新人王を受賞しました。その後も左のエースとして活躍。メジャーリーグでは5勝に終わりましたが、昨年ソフトバンクに復帰して15勝を記録。今季は4勝でした。

川島亮(ヤクルト)

2004  10勝*4敗 防3.17 139.1回 128奪三振 WHIP1.11(新人王)
2005  *9勝10敗 防2.81 128.1回 *78奪三振 WHIP1.21
通算 38勝35敗 防3.66
シーズン中盤から調子を上げて10勝を挙げ、新人王を受賞しました。2年目も9勝を挙げましたが、その後は肩の故障もあって低迷、結局1年目を上回る成績は残せませんでした。2013年に引退。
 
久保康友(ロッテ)
2005  10勝*3敗 防3.40 121.2回 *84奪三振 WHIP1.20(新人王)
2006  *7勝13敗 防4.55 140.1回 119奪三振 WHIP1.32
通算 97勝86敗6S 防3.70
7連勝を記録するなど10勝を挙げ、新人王を受賞しました。2年目以降も主に先発投手として活躍。阪神、DeNAと3球団を渡り歩きながら、2ケタ勝利を通算3回記録。先日、戦力外通告を受けました。

八木智哉(日本ハム)

2006  12勝8敗 防2.48 170.2回 108奪三振 WHIP1.08(新人王)
2007  *4勝6敗 防4.54 *85.1回 *36奪三振 WHIP1.39
通算 39勝34敗 防3.69
先発の柱として12勝を挙げ、新人王を受賞しました。その後は肩の故障などもあり低迷。2015年に移籍した中日では「広島キラー」として活躍しましたが、先日、戦力外通告を受けました。
 

以上、合計14人。そのうち10人が新人王を受賞しました。

1999年はセ・リーグは上原が20勝を挙げ、パ・リーグは松坂が高卒新人で最多勝獲得。さらに上原の「雑草魂」と松坂の「リベンジ」が流行語大賞に選ばれるなど、非常に印象深い年でした。

その陰で、岩瀬、福原、川越は、例年なら新人王を狙える好成績を残しながら、涙を飲みました。

ちなみに、今回松坂だけが高卒1年目です。そして彼を含めて、いわゆる「松坂世代」の投手4人が1年目に10勝以上を挙げ、全員新人王を受賞しています。「松坂世代」恐るべし…。

新人10勝投手たちの2年目以降は?

通算成績は、日米通算で164勝を記録した松坂を筆頭に、100勝以上が5人、50勝以上が11人と、前回よりもさらに多くの投手が優秀な実績を残していました。選手としての「成功」率高すぎです 笑

ちなみに今回のメンバーでメジャーリーグに移籍したのは、川上、上原、松坂、和田の4人。しかし残念ながら、上原以外は「大活躍」とはいきませんでした。

さて「2年目のジンクス」ですが、この14人の中で2年目も10勝以上を記録した投手は、なんとたったの4人と激減してしまいました。

しかも、2年目に成績を上げた投手は皆無と言っていいでしょう。岩瀬と石川が、何とか2年目も成績を維持している程度です。

1年目に20勝を挙げた上原などは、2年目はなんと半分以下の9勝に終わってしまいました。

14人の1年目の合計成績が「171勝83敗10セーブ、防御率2.98」だったのに対し、2年目の合計成績は「112勝103敗11セーブ、防御率3.87」。大幅にダウンしてしまいました。

 
次回は2007~2016年の新人10勝投手を振り返ります。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る