日本ハム・大谷、メジャー挑戦へ!/「投手・大谷」の5年間の成績は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年11月11日、大谷翔平(日本ハム)が今オフのメジャーリーグ挑戦を正式に表明しました。

今後はポスティングシステムを利用して、メジャーリーグへの移籍を目指すことになります。

スポンサードリンク

「二刀流」大谷の5年間を振り返る

大谷は2012年、花巻東高校からドラフト1位で日本ハムに入団。投手と野手を両立する、いわゆる「二刀流」の選手として5年間プレーしました。

1年目の2013年に投手として3勝、打者として3本塁打を記録すると、2014年には日本プロ野球史上初となる「2ケタ勝利(11勝)&2ケタ本塁打(10本)」を達成しました。

2015年は15勝を挙げ、最多勝、最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得。

2016年は、2回目の「2ケタ勝利(10勝)&2ケタ本塁打(22本)」を達成してチームの優勝に大きく貢献。MVPを受賞するとともに、日本プロ野球史上初となる、投手と指名打者の2部門でベストナインに選出されるという快挙を成し遂げました。

5年間という非常に短い期間ではありましたが、大谷は「二刀流」のプレーヤーとして、まさに規格外の活躍を我々に見せてくれました。

大谷が「二刀流」でプレーすることに対しては、1年目から常に賛否両論があり、さらに「反対派」の中でも「投手専念派」と「野手専念派」に意見が分かれていました。

私も大谷の165km/hのストレートを見れば投手に専念するべきだと思い、逆方向へのどでかい本塁打を見れば打者も捨て難いと思うなど、結局最後まで何が正解なのかわかりませんでした 苦笑

ここはとりあえず、大谷がこの5年間で残した投打の成績を振り返り、それらがそれぞれどれほどのものだったのか、改めて振り返ってみたいと思います。

「投手・大谷」の5年間の成績は?

今回の記事では、大谷の投手としての成績について触れてみたいと思います。

大谷の5年間の年度別成績、通算成績はこちら。(詳細はWikipediaをどうぞ。)

2013  *3勝*0敗 防4.23 *61.2回
2014  11勝*4敗 防2.61 155.1回
2015  15勝*5敗 防2.24 160.2回
2016  10勝*4敗 防1.86 140.0回
2017  *3勝*2敗 防3.20 *25.1回
Total  42勝15敗 防2.52 543.0回

2014年、高卒2年目で早くも2ケタ勝利を挙げました。防御率もリーグ3位。奪三振数は投球回数を大きく上回る179個。奪三振率は10.37でした。

2015年はさらに成績を上げ、初の15勝を記録。最多勝、最優秀防御率、最高勝率のタイトルを獲得しました。

奪三振数は196個と則本昂大(楽天)の215個に次いで惜しくもリーグ2位でしたが、奪三振率は10.98と驚異的な数字を記録しています。

2016年には3年連続の2ケタ勝利を達成。この年は打者としての出場が多く規定投球回にはわずかに届きませんでしたが、防御率はついに1点台を記録。

奪三振数は174個で、奪三振率はさらに上昇し11.19となりました。

今季は怪我の影響もあり3勝にとどまりましたが、5年間で通算42勝。高卒入団の投手が5年目までに残した成績として、単純に素晴らしい数字です。

しかも大谷の場合は、野手をやりながらの成績であると考えるとまさに驚異的。「投手専念派」の気持ちもよくわかります。

「高卒5年で合計40勝以上」の投手 Part.1

この大谷の残した5年間の投手成績は、一体どれくらい凄いのでしょうか。

この30年間(1987年~)に高卒でプロ入りした投手で、「入団から5年間で合計40勝以上」を記録した投手(大谷を除く)の成績と大谷の成績を比較したいと思います。

該当する10人の投手の入団から5年間の年度別成績と合計成績をご紹介します。

川崎憲次郎(ヤクルト)
1989  *4勝*4敗1S 防3.94 *98.1回
1990  12勝13敗*S 防4.05 202.1回
1991  14勝*9敗1S 防2.91 191.2回
1992  登板なし
1993  10勝*9敗*S 防3.48 139.2回
Total  40勝35敗2S 防3.56 632.0回

今中慎二(中日)
1989  *1勝*4敗*S 防6.86 *40.2回
1990  10勝*6敗1S 防3.86 144.2回
1991  12勝13敗*S 防2.52 193.0回
1992  *8勝*2敗*S 防1.77 *76.1回
1993  17勝*7敗1S 防2.20 249.0回
Total  48勝32敗2S 防2.85 703.2

松坂大輔(西武)
1999  16勝*5敗*S 防2.60 180.0回
2000  14勝*7敗1S 防3.97 167.2回
2001  15勝15敗*S 防3.60 240.1回
2002  *6勝*2敗*S 防3.68 *73.1回
2003  16勝*7敗*S 防2.83 194.0回
Total  67勝36敗1S 防3.29 855.1回

岩隈久志(近鉄)
2000  登板なし
2001  *4勝*2敗1S 防4.53 *43.2回
2002  *8勝*7敗*S 防3.69 141.1回
2003  15勝10敗*S 防3.45 195.2回
2004  15勝*2敗*S 防3.01 158.2回
Total  42勝21敗1S 防3.47 539.1回

ダルビッシュ有(日本ハム)
2005  *5勝*5敗 防3.53 *94.1回
2006  12勝*5敗 防2.89 149.2回
2007  15勝*5敗 防1.82 207.2回
2008  16勝*4敗 防1.88 200.2回
2009  15勝*5敗 防1.73 182.0回
Total  63勝24敗 防2.20 834.1回

スポンサードリンク

「高卒5年で合計40勝以上」の投手 Part.2

涌井秀章(西武)
2005  *1勝*6敗 防7.32 *55.1回
2006  12勝*8敗 防3.24 178.0回
2007  17勝10敗 防2.79 213.0回
2008  10勝11敗 防3.90 173.0回
2009  16勝*6敗 防2.30 211.2回
Total  56勝41敗 防3.29 831.0回

田中将大(楽天)
2007  11勝*7敗*S 防3.82 186.1回
2008  *9勝*7敗1S 防3.49 172.2回
2009  15勝*6敗1S 防2.33 189.2回
2010  11勝*6敗*S 防2.50 155.0回
2011  19勝*5敗*S 防1.27 226.1回
Total  65勝31敗2S 防2.61 930.0回

前田健太(広島)
2007  登板なし
2008  *9勝*2敗 防3.20 109.2回
2009  *8勝14敗 防3.36 193.0回
2010  15勝*8敗 防2.21 215.2回
2011  10勝12敗 防2.46 216.0回
Total  42勝36敗 防2.73 734.1回

武田翔太(ソフトバンク)
2012  *8勝*1敗 防1.07 *67.0回
2013  *4勝*4敗 防3.48 *93.0回
2014  *3勝*3敗 防1.87 *43.1回
2015  13勝*6敗 防3.17 164.2回
2016  14勝*8敗 防2.95 183.0回
Total  42勝22敗 防2.79 551.0回

藤浪晋太郎(阪神)
2013  10勝*6敗 防2.75 137.2回
2014  11勝*8敗 防3.53 163.0回
2015  14勝*7敗 防2.40 199.0回
2016  *7勝11敗 防3.25 169.0回
2017  *3勝*5敗 防4.12 *59.0回
Total  45勝37敗 防3.05 727.2回

2年目の成績は、松坂、ダルビッシュ、涌井らを凌ぎ、総合的に大谷が一番優秀であると言えます。1年目はわずか3勝だった大谷の適応能力の高さがうかがえます。

完全にプロに慣れてきた5年目に、それまでのキャリアハイかそれに近い成績を記録している投手が多いのは興味深いところです。

それだけに、2年目から年々防御率と奪三振率の数字が良くなってきていた大谷が、今季怪我でわずか5試合しか登板できなかったことが非常に悔やまれます。

11人の各指標のベスト3は?

それでは、大谷を含めた11人の投手たちの各指標のベスト3を見ていきましょう。

■勝利数
*1位 67勝  松坂
*2位 65勝  田中
*3位 63勝  ダルビッシュ
*7位 42勝  大谷

■投球回数
*1位 930.0回  田中
*2位 855.1回  松坂
*3位 834.1回  ダルビッシュ
10位 543.0回  大谷

■奪三振
*1位 886個  田中
*2位 802個  松坂
*3位 752個  ダルビッシュ
*6位 624個  大谷

これらの積み重ねていくタイプの指標は登板数の多い投手が有利なので、松坂、ダルビッシュ、田中の3人が頭一つ抜けています。野手としてもプレーしていた大谷はとても敵いません。

しかし、それ以外の指標になると事情が大きく変わってきます。

防御率
*1位 2.20  ダルビッシュ
*2位 2.52  大谷
*3位 2.61  田中

勝率
*1位 .737  大谷
*2位 .724  ダルビッシュ
*3位 .677  田中

■奪三振率
*1位 10.34  大谷
*2位 *9.10  藤浪
*3位 *8.57  田中

■WHIP
*1位 1.04  大谷
*2位 1.07  ダルビッシュ
*3位 1.11  前田

大谷は防御率だけが2位で、その他の指標はなんとすべて1位となっています。

しつこいようですが、大谷は野手をやりながらの成績です。それなのに、登板数が関係ない指標に関しては、今回取り上げた名だたる投手たちの中でトップクラスの数値を叩き出しているのです。

これはもう凄いとしか言いようがありません。

今季わずか3勝に終わってしまったこともあり、「投手・大谷」の5年間はやや中途半端な印象でしたが、実は非常にハイレベルな成績を残していました。

次回は、「打者・大谷」の5年間を振り返ります!


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る