日本ハム・大谷、メジャー挑戦へ!/「打者・大谷」の5年間の成績は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大谷翔平(日本ハム)が記者会見を開き、今オフのメジャーリーグ挑戦を正式に表明しました。

今後はポスティングシステムを利用して、メジャーリーグへの移籍を目指すことになります。

スポンサードリンク

「打者・大谷」の5年間の成績は?

前回の記事では、大谷の投手としての成績を取り上げました。

今回は、大谷の打者としての成績について触れてみたいと思います。

大谷の5年間の年度別成績、通算成績、獲得タイトルはこちら。

2013  .238(189-*45)*3本 20打点 13四死球 OPS*.660
2014  .274(212-*58)10本 31打点 21四死球 OPS*.842
2015  .202(109-*22)*5本 17打点 *8四死球 OPS*.628
2016  .322(323-104)22本 67打点 55四死球 OPS1.004
2017  .332(202-*67)*8本 31打点 26四死球 OPS*.942
Total  .286(1035-296)48本 166打点 123四死球 OPS.859
タイトル:なし

2年目の2014年に、初の2ケタ本塁打を記録。

2015年は振るいませんでしたが、2016年は規定打席未到達ながら、打率3割、20本塁打、OPSも1を超える好成績で、指名打者としてベストナインを受賞しました。

今季は怪我で出場機会が少なかったのですが、それでも.332の高打率を記録しました。

投手をやりながらだったこともあり、残念ながら規定打席に到達した年はありませんでした。

しかし、高卒2年目で2ケタ本塁打を記録したり、4年目で早くも指名打者としてベストナインを獲るなど、残した成績はやはり非凡です。

それに何と言っても、投手をやりながらの成績です。一度は打者だけに専念して、1年間フル出場した大谷の成績を見てみたかったです。

「高卒5年で合計1000打席以上」の打者 Part.1

この大谷の5年間の打撃成績は、一体どれくらい凄いのでしょうか。

この30年間(1987年~)に高卒でプロ入りした選手で、「入団から5年間で合計1000打席以上」を記録した代表的な打者の成績と大谷の成績を比較したいと思います。

取り上げる打者は大谷以外に15人。その15人の打者たちの入団から5年間の「年度別成績・合計成績・獲得タイトル」をご紹介します。

※今季が入団4年目だった森友哉のみ、4年間の成績です。

立浪和義(中日)
1988  .223(336-*75)*4本 18打点 46四死球 OPS.626
1989  .235(*85-*20)*2本 *8打点 10四死球 OPS.716
1990  .303(511-155)11本 45打点 65四死球 OPS.837
1991  .290(520-151)10本 45打点 75四死球 OPS.802
1992  .301(379-114)*5本 42打点 53四死球 OPS.787
Total  .281(1831-515)32本 158打点 249四死球 OPS.772
タイトル:なし

江藤智(広島)
1989  出場なし
1990  .239(*71-*17)*5本 10打点 *9四死球 OPS.874
1991  .215(260-*56)11本 31打点 52四死球 OPS.730
1992  .289(277-*80)16本 45打点 35四死球 OPS.879
1993  .282(480-136)34本 82打点 84四死球 OPS.916
Total  .265(1090-289)66本 168打点 180四死球 OPS.859
タイトル:本塁打王1回

前田智徳(広島)
1990  .256(*43-*11)*0本 *5打点 *1四死球 OPS.598
1991  .271(395-107)*4本 25打点 36四死球 OPS.688
1992  .308(493-152)19本 89打点 56四死球 OPS.858
1993  .317(499-158)27本 70打点 64四死球 OPS.945
1994  .321(492-158)20本 66打点 57四死球 OPS.885
Total  .305(1922-586)89本 255打点 214四死球 OPS.877
タイトル:なし

イチロー(オリックス)
1992  .253(*95-*24)*0本 *5打点 *3四死球 OPS.581
1993  .188(*64-*12)*1本 *3打点 *2四死球 OPS.478
1994  .385(546-210)13本 54打点 61四死球 OPS.994
1995  .342(524-179)25本 80打点 86四死球 OPS.976
1996  .356(542-193)16本 84打点 65四死球 OPS.926
Total  .349(1771-618)55本 226打点 217四死球 OPS.929
タイトル:首位打者3回、打点王1回、最多安打3回、盗塁王1回、最高出塁率3回

中村紀洋(近鉄)
1992  .222(*27-**6)*2本 *5打点 *0四死球 OPS.704
1993  .111(**9-**1)*0本 *1打点 *2四死球 OPS.361
1994  .281(192-*54)*8本 36打点 19四死球 OPS.827
1995  .228(470-107)20本 64打点 54四死球 OPS.707
1996  .273(411-112)26本 67打点 43四死球 OPS.845
Total  .252(1109-280)56本 173打点 118四死球 OPS.776
タイトル:なし

「高卒5年で合計1000打席以上」の打者 Part.2

松井秀喜(巨人)
1993  .223(184-*41)11本 *27打点 *19四死球 OPS*.747
1994  .294(503-148)20本 *66打点 *61四死球 OPS*.843
1995  .283(501-142)22本 *80打点 *64四死球 OPS*.845
1996  .314(487-153)38本 *99打点 *75四死球 OPS1.023
1997  .298(484-144)37本 103打点 106四死球 OPS*.984
Total  .291(2159-628)128本 375打点 325四死球 OPS.908
タイトル:なし

松井稼頭央(西武)
1994  出場なし
1995  .221(204-*45)2本 15打点 *7四死球 OPS.549
1996  .283(473-134)1本 29打点 17四死球 OPS.664
1997  .309(576-178)7本 63打点 49四死球 OPS.793
1998  .311(575-179)9本 58打点 56四死球 OPS.812
Total  .293(1828-536)19本 165打点 129四死球 OPS.739
タイトル:盗塁王2回

城島健司(ダイエー)
1995  .167(*12-**2)*0本 *1打点 *1四死球 OPS.397
1996  .241(*58-*14)*4本 *9打点 *4四死球 OPS.773
1997  .308(432-133)15本 68打点 27四死球 OPS.820
1998  .251(395-*99)16本 58打点 35四死球 OPS.729
1999  .306(493-151)17本 77打点 39四死球 OPS.837
Total  .287(1390-399)52本 213打点 106四死球 OPS.795
タイトル:なし

岩村明憲(ヤクルト)
1997  出場なし
1998  .000(**3-**0)*0本 *0打点 *0四死球 OPS.000
1999  .294(252-*74)11本 35打点 19四死球 OPS.842
2000  .278(436-121)18本 66打点 43四死球 OPS.814
2001  .287(520-149)18本 81打点 35四死球 OPS.781
Total  .284(1211-344)47本 182打点 97四死球 OPS.804
タイトル:なし

坂本勇人(巨人)
2007  .333(**3-**1)*0本 *2打点 *0四死球 OPS.667
2008  .257(521-134)*8本 43打点 30四死球 OPS.650
2009  .306(581-178)18本 62打点 48四死球 OPS.823
2010  .281(609-171)31本 85打点 50四死球 OPS.836
2011  .262(568-149)16本 59打点 43四死球 OPS.714
Total  .277(2282-633)73本 251打点 171四死球 OPS.760
タイトル:なし

スポンサードリンク

「高卒5年で合計1000打席以上」の打者 Part.3

中田翔(日本ハム)
2008  出場なし
2009  .278(*36-*10)*0本 *1打点 *1四死球 OPS.623
2010  .233(210-*49)*9本 22打点 18四死球 OPS.687
2011  .237(527-125)18本 91打点 37四死球 OPS.691
2012  .239(547-131)24本 77打点 55四死球 OPS.727
Total  .239(1320-315)51本 191打点 111四死球 OPS.704
タイトル:なし

筒香嘉智(DeNA)
2010  .143(**7-**1)*1本 *1打点 *3四死球 OPS.971
2011  .241(145-*35)*8本 22打点 14四死球 OPS.782
2012  .218(386-*84)10本 45打点 53四死球 OPS.661
2013  .216(*51-*11)*1本 *3打点 *5四死球 OPS.580
2014  .300(410-123)22本 77打点 49四死球 OPS.902
Total  .254(999-254)42本 148打点 124四死球 OPS.776
タイトル:なし

山田哲人(ヤクルト)
2011  出場なし
2012  .250(*44-*11)*1本 **1打点 *5四死球 OPS*.690
2013  .283(350-*99)*3本 *26打点 40四死球 OPS*.711
2014  .324(596-193)29本 *89打点 82四死球 OPS*.941
2015  .329(557-183)38本 100打点 86四死球 OPS1.027
Total  .314(1547-486)71本 216打点 213四死球 OPS.913

タイトル:本塁打王1回、最多安打1回、盗塁王1回、最高出塁率1回

鈴木誠也(広島)
2013  .083(*12-**1)*0本 *1打点 *2四死球 OPS*.298
2014  .344(*64-*22)*1本 *7打点 *4四死球 OPS*.882
2015  .275(211-*58)*5本 25打点 18四死球 OPS*.742
2016  .335(466-156)29本 95打点 56四死球 OPS1.015
2017  .300(437-131)26本 90打点 68四死球 OPS*.936
Total  .309(1190-368)61本 218打点 148四死球 OPS.922
タイトル:なし

森友哉(西武)
2014  .275(*80-*22)*6本 15打点 12四死球 OPS.945
2015  .287(474-136)17本 68打点 53四死球 OPS.825
2016  .292(349-102)10本 46打点 42四死球 OPS.803
2017  .339(124-*42)*2本 18打点 21四死球 OPS.934
Total  .2941160-30235 147打点 128四死球 OPS.840
タイトル:なし

 
1年目に3本塁打以上を記録したのは、大谷以外では松井(11本)、森(6本)、立浪(4本)の3人だけ。2年目に10本塁打以上を記録したのは、大谷以外では松井(20本)と森(17本)の2人だけ。

2年目までだと、ほとんどの選手がまだ一軍定着もままならない状況です。

打者としての大谷も、やはり適応能力が抜群に高いことがわかります。

15人の各指標のベスト3は?

それでは、大谷を含めた15人の打者たちの各指標のベスト3を見ていきましょう。

■打率
*1位 .349  イチロー
*2位 .314  山田
*3位 .309  鈴木
*9位 .286  大谷

■安打数
*1位 633本  坂本
*2位 628本  松井秀
*3位 618本  イチロー
13位 296本  大谷

■本塁打数
*1位 128本  松井秀
*2位 *89本  前田
*3位 *73本  坂本
11位 *48本  大谷

■打点数
*1位 375打点  松井秀
*2位 255打点  前田
*3位 251打点  坂本
12位 166打点  大谷

■本塁打率
*1位 16.52  江藤
*2位 16.87  松井秀
*3位 19.51  鈴木
*5位 21.56  大谷

■OPS
*1位 .929  イチロー
*2位 .922  鈴木
*3位 .913  山田
*7位 .859  大谷

今回は残念ながら、大谷は一つもベスト3には入れませんでした。安打数、本塁打数、打点数は、打席数が多い選手が有利なので、順位は仕方がないと思います。

最高は本塁打率で5位。広い札幌ドームを本拠地にしながら、本塁打を打つ能力に長けているという結果は立派です。

その他の指標も、順位はともかく優秀な数値であることは間違いありません。

投手をやりながら、優秀な野手並みの打撃成績を残した大谷の打力の素晴らしさは、当然疑いようがないと思います。

「投手」か?「打者」か?「二刀流」か?

2回に渡って、大谷の投手としての成績と打者としての成績を振り返りました。

圧倒的と言ってもいい投手成績に比べて、打撃成績も優秀とは言え、やや物足りない印象があることは否めません。

そもそも近年、日本人野手はメジャーリーグで大苦戦を強いられているので、現実的に考えると大谷は投手としてメジャーリーグでプレーするのが無難と言えるでしょう。

でも、思い出してみてください。

5年前に大谷が日本ハムに入団し、「二刀流」でプレーするという話を初めて聞いた時、この5年間の大谷の投打に渡る活躍を一体どれだけの人が予測できたでしょう。

大谷がプロに入ってたったの4年で、投手と指名打者でベストナインを同時受賞し、さらにMVPまで獲ってしまうなんて漫画のような話を一体誰が想像できたというのでしょうか。

そう考えると、そもそも大谷は既存の考え方が通用しない選手なのです。

大谷が来年以降、どのような活躍を見せてくれるのかを予測することは難しいです。

しかし私は、大谷がこの5年間で見せてくれた数々の奇跡を考えると、彼はメジャーリーグに渡っても、やはり今まで通り「漫画の主人公」のような存在でい続けられるような気がしてなりません。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る