「おかわり君」こと西武・中村の「怪」記録が今季ついにストップか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成以降のプロ野球で、本塁打王のタイトルを最も多く獲得した打者は誰だかご存じでしょうか?

松井秀喜(元巨人他)でしょうか?松中信彦(元ソフトバンク)でしょうか?それともタフィ・ローズ(元近鉄他)でしょうか?

違います。正解は、中村剛也(西武)です。

スポンサードリンク

本塁打王6回は歴代3位の大記録!

上記で挙げた選手たちの本塁打王の獲得回数は、松井が3回、松中が2回、ローズが4回です。

そして中村はというと、なんと6回も本塁打王に輝いています。

これは平成以降に限らなくても、王貞治(元巨人)の15回、野村克也(元南海他)の9回に次ぐ、歴代3位の大記録です。あの落合博満(元ロッテ他)の5回をすでに上回っています。

まあここまでなら、ちょっとプロ野球に詳しい人なら誰でも知っている話です。

しかし、今からご紹介する中村の「怪」記録のことは、そこそこな「記録マニア」でもない限りあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

記録マニアだけが知る中村の「怪」記録とは?

まず、中村が初の本塁打王を獲得した2008年から昨年までの年度別成績をご紹介します。(詳細はWikipediaでどうぞ。)

※本塁打数が赤文字の年が本塁打王を獲得した年です。

2008  .244 46本 101打点 OPS*.889
2009  .285 48本 122打点 OPS1.010
2010  .234 25本 *57打点 OPS*.873
2011  .269 48本 116打点 OPS*.973
2012  .231 27本 *79打点 OPS*.792
2013  .208 *4本 *15打点 OPS*.670
2014  .257 34本 *90打点 OPS*.963
2015  .278 37本 124打点 OPS*.926
2016  .238 21本 *61打点 OPS*.760

改めて眺めると壮観ですね 笑 でも「本塁打王6回」とはこういうことです。

ところで、本塁打王を獲得した年の本塁打数を赤くすることで何かお気づきになったでしょうか。

はい。ご覧の通り中村は2008年以降、2年続けて本塁打王を獲って、1年休んで(?)、また2年続けて本塁打王を獲って、ということを繰り返しています 苦笑

つまり「3年に2回本塁打王を獲る」という、ちょっと変則的な「隔年選手」なのです。

しかし、今回私がご紹介したい「怪」記録はそのことではありません。

実は中村は、これまで「規定打席に到達した年は必ず本塁打王を獲得」しているのです。

要するにこの選手は「ケガさえしなければいつでも本塁打王を獲れる」ということです。(ケガをしながら本塁打王を獲得した年もあるくらいなのですが… 苦笑)

こんな選手は聞いたことがありません。

今季ついに「怪」記録がストップか?

昨年は、中村の「3年に1度のハズレ年」でした。中村は予定通り(?)規定打席に届かず、本塁打王も獲得できませんでした。

しかし、今季は中村の「当たり年」です。私は中村が予定通り(?)規定打席に到達して、7回目の本塁打王を獲得するものだと当たり前のように思っていました。

実際、今季の7月終了時の中村の本塁打数は、その時点でのリーグトップ・柳田悠岐(ソフトバンク)の24本に1本差の23本。まだまだ十分逆転可能な状況でした。

ところが8月に入ると、12試合に出場してわずか1本塁打と大幅にペースダウン。そして8/17、中村は腰の張りを訴えて出場選手登録を抹消されてしまいました。

9/6に一軍に再登録されましたが、そこからまだ2本塁打と調子は上がってきません。

今季の中村の成績はこちら。

.219(458-85)26本 76打点 63四死球 OPS.778

現在パ・リーグ本塁打王争いのトップがデスパイネ(ソフトバンク)の34本ですから、その差は8本。残り試合は西武、ソフトバンクともに11試合です。

もはやここからの逆転は、さすがの中村でも絶望的となってしまいました。

何より悔しいのは、今季はすでに規定打席数「443」に到達してしまっているということです。

つまり、中村がこれまで続けてきた「怪」記録である「規定打席に到達した年は必ず本塁打王を獲得」がストップしてしまうことを意味します。

これは私だけでなく、世の「記録マニア」たちの多くが悲しんでいるに違いありません。

スポンサードリンク

それでも中村剛也はやっぱり凄い!

この中村の「怪」記録が、惜しくもストップしてしまうであろう今季。

入団当初から「おかわり二世」と呼ばれてきた後輩・山川穂高がブレイクし、中村に代わって現在チームの四番を打っているのも何かの運命でしょうか。

今季の山川の成績はこちら。

.285(200-*57)18本 *50打点 48四死球 OPS1.058

これを昨年のパ・リーグの規定打席到達者の平均打席数「571」で換算して、山川が1年間フル出場した場合の成績に直してみます。

.285(460-131)41本 115打点 111四死球 OPS1.056

本塁打数は少し足りませんが、2009年に残した中村のキャリアハイにかなり近い成績になりました。

中村剛也(西武)
2009  .285(501-143)48本 122打点 59四死球 OPS1.010

さすが「おかわり二世」と呼ばれるだけのことはあります。

ところで、山川は今年11月で26歳になるのですが、中村がキャリアハイを記録したこの2009年というのは、実は1983年生まれの中村が26歳になった年です。なんという偶然…。

ということは、今季山川は「西武のやべーやつ」などと騒がれていますが、同じ年齢の頃の中村はもうすでに2回目の本塁打王を獲得していたということです。

26歳の中村は、ある意味今季の山川よりもずっとずっと「やべーやつ」だったのです!

「規定打席に到達した年は必ず本塁打王獲得」の記録がストップしようが、後輩の山川に四番の座を奪われようが、中村剛也、やっぱりアンタは凄い!


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る