MVPの翌年の成績3/抜群の安定感!「オガ・ラミ」とダルビッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年11月20日に行われる「NPB AWARDS 2017」にて、いよいよ今季のMVPが発表されます。

一体どの選手が選ばれるのでしょうか。

ところで、新人王と同じように、過去のMVP受賞者にもいわゆる「2年目のジンクス」はあったのでしょうか。と言うより、翌年もMVPレベルの成績を維持できた選手はどれくらいいるのでしょう。

スポンサードリンク

MVPの翌年の成績 2007~2011

昨年までの過去30年間(1987~2016年)のMVP受賞者の、MVPを受賞した年とその翌年の成績を3回に渡ってご紹介しています。

前々回前回に引き続き、最終回は2007~2016年のMVP受賞者をご紹介します。

ちなみに、MVP受賞の翌年の成績の後ろにあるカッコの中の矢印は、前年に比べて成績が上がったか、横ばいか、下がったかを示しています。

2007年
セ 小笠原道大(巨人)
2007  .313(566-177)31本 88打点 47四死球 4盗塁 OPS.902
2008  .310(520-161)36本 96打点 63四死球 0盗塁 OPS.954(→)

パ ダルビッシュ有(日本ハム)
2007  15勝5敗 防1.82 207.2回 210奪三振 WHIP0.83
2008  16勝4敗 防1.88 200.2回 208奪三振 WHIP0.90
(→)

 
2008年
セ ラミレス(巨人)
2008  .319(548-175)45本 125打点 49四死球 1盗塁 OPS.990
2009  .322(577-186)31本 103打点 25四死球 4盗塁 OPS.891(↓)

パ 岩隈久志(楽天)
2008  21勝4敗 防1.87 201.2回 159奪三振 WHIP0.98
2009  13勝6敗 防3.25 169.0回 121奪三振 WHIP1.31
(↓)

 
2009年
セ ラミレス(巨人)
2009  .322(577-186)31本 103打点 25四死球 4盗塁 OPS.891
2010  .304(566-172)49本 129打点 33四死球 1盗塁 OPS.951(↑)

パ ダルビッシュ有(日本ハム)
2009  15勝5敗 防1.73 182.0回 167奪三振 WHIP0.90
2010  12勝8敗 防1.78 202.0回 222奪三振 WHIP1.01
(→)

 
2010年
セ 和田一浩(中日)
2010  .339(505-171)37本 93打点 92四死球 5盗塁 OPS1.061
2011  .232(444-103)12本 54打点 74四死球 6盗塁 OPS*.724(↓)

パ 和田毅(ソフトバンク)
2010  17勝8敗 防3.14 169.1回 169奪三振 WHIP1.18
2011  16勝5敗 防1.51 184.0回 168奪三振 WHIP1.00
(↑)

スポンサードリンク

MVPの翌年の成績 2011~2016

2011年
セ 浅尾拓也(中日)
2011  7勝2敗10S45H 防0.41 87.1回 100奪三振 WHIP0.82
2012  1勝0敗*1S15H 防1.51 30.0回 *29奪三振 WHIP1.00
(↓)

パ 内川聖一(ソフトバンク)
2011  .338(429-145)12本 74打点 27四死球 4盗塁 OPS.856
2012  .300(523-157)*7本 53打点 37四死球 6盗塁 OPS.734(↓)

 
2012年
セ 阿部慎之助(巨人)
2012  .340(467-159)27本 104打点 *78四死球 0盗塁 OPS.994
2013  .296(422-125)32本 *91打点 101四死球 0盗塁 OPS.991(↓)

パ 吉川光夫(日本ハム)
2012  14勝*5敗 防1.71 173.2回 158奪三振 WHIP0.88
2013  *7勝15敗 防3.31 160.1回 125奪三振 WHIP1.29
(↓)

 
2013年
セ バレンティン(ヤクルト)
2013  .330(439-145)60本 131打点 104四死球 0盗塁 OPS1.234
2014  .301(366-110)31本 *69打点 *77四死球 2盗塁 OPS1.007(↓)

パ 田中将大(楽天)
2013  24勝0敗1S 防1.27 212.0回 183奪三振 WHIP0.94
2014  メジャーリーグに移籍

 
2014年
セ 菅野智之(巨人)
2014  12勝*5敗 防2.33 158.2回 122奪三振 WHIP1.10
2015  10勝11敗 防1.91 179.0回 126奪三振 WHIP1.06
(↑)

パ 金子千尋(オリックス)
2014  16勝5敗 防1.98 191.0回 199奪三振 WHIP1.04
2015  *7勝6敗 防3.19 *93.0回 *79奪三振 WHIP1.11
(↓)

 
2015年
セ 山田哲人(ヤクルト)
2015  .329(557-183)38本 100打点 *86四死球 34盗塁 OPS1.027
2016  .304(481-146)38本 102打点 105四死球 30盗塁 OPS1.032(→)

パ 柳田悠岐(ソフトバンク)
2015  .363(502-182)34本 99打点 102四死球 32盗塁 OPS1.101
2016  .306(428-131)18本 73打点 108四死球 23盗塁 OPS*.969(↓)

 
2016年
セ 新井貴浩(広島)
2016  .300(454-136)19本 101打点 55四死球 0盗塁 OPS.857
2017  .292(243-*71)*9本 *48打点 41四死球 2盗塁 OPS.850(↓)

パ 大谷翔平(日本ハム)
2016(打).322(323-104)22本 67打点 54四死球 7盗塁 OPS1.004
2016(投)10勝4敗 防1.86 140.0回 174奪三振 WHIP0.96
2017(打).332(202-67)8本 31打点 26四死球 0盗塁 OPS.942
(↓)
2017(投)3勝2敗 防3.20 25.1回 29奪三振 WHIP1.26(↓)

 
(↑)… 3人(ラミレス(2009年)、和田(毅)、菅野)
(→)… 延べ4人(小笠原、ダルビッシュ(2007年、2009年)、山田)
(↓)… 12人(ラミレス(2008年)、岩隈、和田(一)、浅尾、内川、阿部、吉川、バレンティン、金子、柳田、新井、大谷)

今までと同様、やはり成績が下がった選手が多いです。しかし、今回成績が上がった選手が今までで最多の3人でした。

抜群の安定感!「オガ・ラミ」とダルビッシュ

その中で、面白かったのがラミレスです。

ラミレスは2008、2009年と2年連続でセ・リーグMVPを受賞しましたが、2009年は首位打者こそ獲ったものの、明らかに前年より成績が下がっています。

本塁打が14本減で、打点が22打点減。それでも同じく打率3割、30本塁打、100打点を記録した同僚・小笠原を振り切り、MVP受賞となりました。

成績を上げたのはその翌年です。本塁打が17本増、打点が26打点増。しかし、残念ながらチームは優勝を逃し、ラミレスも3年連続MVPはなりませんでした。

そのラミレスと巨人で「オガ・ラミ砲」として活躍した小笠原も、この時期安定して好成績を残し続けました。

小笠原は日本ハム時代、2006年に打率.313、32本塁打、100打点でパ・リーグMVPを受賞しましたが、翌年の巨人移籍1年目もほぼ同じような好成績を残し、見事セ・リーグでもMVPに輝きました。

リーグをまたいでの2年連続MVPは、史上初の快挙でした。しかも小笠原は、その翌年もまた当たり前のように(?)打率3割、30本塁打の好成績を残しています。

この小笠原とラミレスが三番、四番に座っていたのですから、この時代の巨人が強いのも当然でした。

それから凄いのはダルビッシュ。2007年からメジャー移籍直前の2011年まで、5年連続防御率1点台という信じられない記録を達成し、2007年、2009年と2回MVPを受賞しました。

この2007年と2009年は、どちらも日本ハムが優勝した年です。もはやダルビッシュがMVPを獲るかどうかはチームの成績次第(笑)といった感じの圧倒的な安定感を誇りました。

成績が下がった選手の中で印象的なのは、いわゆる「違反球」が導入された途端に成績が大幅ダウンした和田(一)と、「違反球」が使用されなくなった途端に同じく成績が大幅ダウンした吉川。

もちろん両選手の成績が下がったことは全てがボールのせいということではないでしょうが、こういう記録を見ると、本当に「違反球」は罪深いと思います。

そしてバレンティン。MVP受賞の翌年に本塁打数がほぼ半減したというのに、それでも31本塁打 笑 改めてシーズン60本塁打という記録の凄さを感じます。

さて、3回に渡ってMVP受賞者の翌年の成績を振り返ってきました。

やはり、MVPレベルの成績を残し続けるのは難しいことなんですね。また、それができるかできないかが「一流」と「超一流」の分かれ道なのかな、という気がしました。一概には言えませんが…。

今季MVPを受賞するであろう丸佳浩(広島)、サファテ(ソフトバンク)の2人は、果たして来年どのような成績を残すのでしょうか。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る