MVPの翌年の成績2/松中、「三冠王」の翌年に本塁打数アップ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年11月20日に行われる「NPB AWARDS 2017」にて、いよいよ今季のMVPが発表されます。

一体どの選手が選ばれるのでしょうか。

ところで、新人王と同じように、過去のMVP受賞者にもいわゆる「2年目のジンクス」はあったのでしょうか。と言うより、翌年もMVPレベルの成績を維持できた選手はどれくらいいるのでしょう。

スポンサードリンク

MVPの翌年の成績は 1997~2006

昨年までの過去30年間(1987~2016年)のMVP受賞者の、MVPを受賞した年とその翌年の成績を比較してみます。

前回の記事では、1987~1996年のMVP受賞者を振り返りました。今回は1997~2006年のMVP受賞者をご紹介します。

ちなみに、MVP受賞の翌年の成績の後ろにあるカッコの中の矢印は、前年に比べて成績が上がったか、横ばいか、下がったかを示しています。

 
1997年

セ 古田敦也(ヤクルト)
1997  .322(509-164)9本 86打点 82四死球 9盗塁 OPS.859
1998  .275(491-135)9本 63打点 54四死球 5盗塁 OPS.717(↓)

パ 西口文也(西武)
1997  15勝*5敗1S 防3.12 207.2回 192奪三振 WHIP1.23
1998  13勝12敗4S 防3.38 181.0回 148奪三振 WHIP1.29
(↓)

 
1998年
セ 佐々木主浩(横浜)
1998  1勝1敗45S 防0.90 56.0回 78奪三振 WHIP0.80
1999  1勝1敗19S 防1.93 23.1回 34奪三振 WHIP1.07
(↓)

パ 松井稼頭央(西武)
1998  .311(575-179)*9本 58打点 56四死球 43盗塁 OPS.812
1999  .330(539-178)15本 67打点 56四死球 32盗塁 OPS.872(↑)

 
1999年
セ 野口茂樹(中日)
1999  19勝*7敗 防2.65 203.2回 145奪三振 WHIP1.32
2000  *9勝11敗 防4.63 173.0回 128奪三振 WHIP1.49
(↓)

パ 工藤公康(ダイエー)
1999  11勝7敗 防2.38 196.1回 196奪三振 WHIP0.90
2000  12勝5敗 防3.11 136.0回 148奪三振 WHIP1.05
(↓)

 
2000年
セ 松井秀喜(巨人)
2000  .316(474-150)42本 108打点 108四死球 5盗塁 OPS1.092
2001  .333(481-160)36本 104打点 123四死球 3盗塁 OPS1.081(→)

パ 松中信彦(ダイエー)
2000  .312(471-147)33本 106打点 62四死球 0盗塁 OPS*.969
2001  .334(479-160)36本 122打点 67四死球 2盗塁 OPS1.032(↑)

 
2001年
セ ペタジーニ(ヤクルト)
2001  .322(463-149)39本 127打点 127四死球 4盗塁 OPS1.099
2002  .322(453-146)41本 *94打点 *96四死球 0盗塁 OPS1.087(→)

パ ローズ(近鉄)
2001  .327(550-180)55本 131打点 91四死球 9盗塁 OPS1.083
2002  .272(534-145)46本 117打点 76四死球 5盗塁 OPS*.956(↓)

 
2002年

セ 松井秀喜(巨人)
2002  .334(500-167)50本 107打点 120四死球 3盗塁 OPS1.153
2003  メジャーリーグに移籍

パ カブレラ(西武)
2002  .336(447-150)55本 115打点 111四死球 4盗塁 OPS1.223
2003  .324(457-148)50本 112打点 *75四死球 2盗塁 OPS1.123(→)

 
2003年

セ 井川慶(阪神)
2003  20勝*5敗 防2.80 206.0回 179奪三振 WHIP1.17
2004  14勝11敗 防3.73 200.1回 228奪三振 WHIP1.22
(↓)

パ 城島健司(ダイエー)
2003  .330(551-182)34本 119打点 68四死球 9盗塁 OPS*.993
2004  .338(426-144)36本 *91打点 71四死球 6盗塁 OPS1.087(→)

 
2004年
セ 川上憲伸(中日)
2004  17勝7敗 防3.32 192.1回 176奪三振 WHIP1.10
2005  11勝8敗 防3.74 180.1回 138奪三振 WHIP1.19
(↓)

パ 松中信彦(ダイエー)
2004  .358(478-171)44本 120打点 96四死球 2盗塁 OPS1.179
2005  .315(483-152)46本 121打点 85四死球 2盗塁 OPS1.075(→)

 
2005年
セ 金本知憲(阪神)
2005  .327(559-183)40本 125打点 101四死球 3盗塁 OPS1.044
2006  .303(545-165)26本 *98打点 *84四死球 2盗塁 OPS*.897(↓)

パ 杉内俊哉(ソフトバンク)
2005  18勝4敗 防2.11 196.2回 218奪三振 WHIP0.98
2006  *7勝5敗 防3.53 132.2回 114奪三振 WHIP1.31
(↓)

 
2006年
セ 福留孝介(中日)
2006  .351(496-174)31本 104打点 79四死球 11盗塁 OPS1.091
2007  .294(269-*79)13本 *48打点 75四死球 *5盗塁 OPS*.963(↓)

パ 小笠原道大(日本ハム)
2006  .313(496-155)32本 100打点 75四死球 4盗塁 OPS.970
2007  .313(566-177)31本 *88打点 47四死球 4盗塁 OPS.902(→)

 
(↑)… 2人(松井(稼)、松中(2000年))
(→)… 6人(松井(秀)、ペタジーニ、カブレラ、城島、松中(2004年)、小笠原)
(↓)… 11人(古田、西口、佐々木、野口、工藤、ローズ、井川、川上、金本、杉内、福留)

 
今回も成績が下がった選手の方が多いですが、前回と違って、MVP受賞の翌年にさらに成績が上がった選手が2人います。

松中、「三冠王」の翌年に本塁打数アップ?

MVP受賞の翌年に成績が上がったのは、まずは松井(稼)。

1998年の成績は、MVPの選手の成績としては少々物足りないものでしたが、翌年は打率が上がっただけではなく、本塁打も6本増と長打力がアップしました。

ちなみに、松井(稼)はここからどんどん長打力に磨きをかけ、やがて2002年には36本塁打、2003年には33本塁打を記録する「ホームラン打者」へと変身を遂げます。

そしてもう一人は、2000年にMVPを受賞した時の松中。

翌年は、さらに打撃の確実性が増し、打率、本塁打、打点の打撃3部門の成績を全て上げてみせました。特に122打点は圧巻です。

さらに松中は2004年、三冠王を獲得して2回目のMVPを受賞したのですが、この時も翌年成績を落とすことなく、むしろ本塁打と打点はわずかですが増えるというあり得ないことをやってのけました。

松井(秀)がメジャーリーグに移籍した直後のこの時代、日本人最強打者は間違いなく松中だったと言っていいでしょう。

今回はその2004年の松中の他にも、MVP受賞の翌年も同レベルの成績を維持した選手が5人います。

松井(秀)、ペタジーニ、カブレラ、城島、小笠原はさすが全盛期の超一流スラッガーたちです。いつMVPを受賞していてもおかしくないほどのハイレベルな成績を残し続けています。

特にカブレラは、当時のプロ野球タイ記録となる55本塁打を打ってMVPを受賞した翌年、2年連続となる50本塁打を記録しています。

これは、落合博満(当時ロッテ)が1985~86年に記録して以来、史上2人目となる大記録でした。

成績が下がった選手は11人。とは言え今回もMVP受賞の年の成績が良すぎるだけで、翌年も好成績を残している選手が多いです。ローズなどはなんと46本塁打を記録しています 苦笑

怪我なくプレーして不振だったと言えるのは、野口、杉内くらいでしょうか。さすがにMVPを受賞するほどの選手ともなると、多少調子が悪くても最低限の仕事はしているようです。

 
次回は2007~2016年のMVP受賞者を振り返ります!


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る