「キヨシ!ノムケン!オマリー!」中距離打者が30本打っちゃった年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロ野球界には「中距離打者」と呼ばれる選手がいます。

現役選手では、丸佳浩(広島)、浅村栄斗(西武)、糸井嘉男(阪神)などが代表的です。

中距離打者の定義はあいまいですが、「ホームラン打者(長距離打者)と呼べるほどではないが、それなりに十分な長打力を持った打者」というところでしょうか。これはこれであいまいですね 苦笑

私の個人的な感覚としては、「毎年15~25本くらい本塁打を打つ打者」という感じです。

そしてもう一つ。中距離打者のわかりやすい条件(?)として、「決してシーズン30本塁打は超えない」ということがあると思います。そこがホームラン打者(長距離打者)との大きな境界線です。

しかし何年かに一度、この中距離打者が例年になく本塁打を量産しシーズン30本塁打を超えてしまうという、非常に「興奮する」出来事が起こることがあります。

今回はそんな「中距離打者がついうっかり30本塁打打ってしまった(?)」という記録をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

中距離打者のシーズン30本塁打 Part.1

それでは、過去シーズン30本塁打を1回だけ記録したことのある(私が思う)中距離打者たちの「シーズン本塁打数ベスト5」をご紹介します。

中畑清(元巨人)
1位/31本  1984 .294 31本 83打点
2位/25本  1982 .267 25本 78打点
3位/22本  1980 .268 22本 57打点
4位/18本  1985 .294 18本 62打点
5位/16本  1981 .322 16本 66打点
中畑にホームラン打者のイメージは全くなかったので、昔、年度別成績表でこの年の成績を見た時は驚きました。この企画のきっかけになった記録なので、少し古いですがお許しください 苦笑

古田敦也(元ヤクルト)
1位/30本  1992 .316 30本 86打点
2位/24本  2004 .306 24本 79打点
3位/23本  2003 .287 23本 75打点
4位/21本  1995 .294 21本 76打点
5位/17本  1993 .308 17本 75打点
1年目に打率.250だった古田が2年目にいきなり打率.340で首位打者を獲り、3年目の1992年に30本塁打を記録した時は「この選手は一体どこまで行くつもりなのだろう…。」と怖くなったものです。

オマリー(元阪神、ヤクルト)
1位/31本  1995 .302 31本 87打点
2位/23本  1993 .329 23本 87打点
3位/21本  1991 .307 21本 81打点
4位/18本  1996 .315 18本 97打点
5位/15本  1992 .325 15本 62打点
1994年に打率.314、15本塁打、74打点の成績を残すも「本塁打が少ない。」という理由で阪神を解雇されたオマリーが、翌年移籍したヤクルトで31本塁打と意地を見せ、見事MVPに輝きました。

野村謙二郎(元広島)
1位/32本  1995 .315 32本 75打点
2位/16本  1990 .287 16本 44打点
3位/14本  1992 .288 14本 63打点
3位/14本  1998 .282 14本 49打点
3位/14本  1993 .266 14本 48打点
今回ご紹介する中で一番衝撃的だったのがこの野村のケースです。20本塁打すら一度も打ったことのない野村がこの年は前半戦から本塁打を量産し、30盗塁と合わせてトリプルスリーを達成しました。

スポンサードリンク

中距離打者のシーズン30本塁打 Part.2

ローズ(元横浜)
1位/37本  1999 .369 37本 153打点
2位/22本  1995 .315 22本 *97打点
3位/21本  2000 .332 21本 *97打点
4位/19本  1998 .325 19本 *96打点
4位/19本  1993 .325 19本 *94打点
この年のローズにも興奮しました 笑 元々超優良助っ人だったローズが謎の確変を起こし、あわや三冠王の大活躍。打撃三部門すべてでキャリアハイを記録しました。それにしても153打点って…。

井口資仁(元ダイエー、ロッテ他)
1位/30本  2001 .261 30本 *97打点
2位/27本  2003 .340 27本 109打点
3位/24本  2004 .333 24本 *89打点
4位/23本  2013 .297 23本 *83打点
5位/21本  1998 .221 21本 *66打点
大学NO.1打者としてプロ入りしながらなかなか結果が出なかった井口が、5年目の2001年に30本塁打でようやく目覚めました。1998年の成績を見ると、井口にもこんな時代があったんだなと思います。

前田智徳(元広島)
1位/32本  2005 .319 32本 87打点
2位/27本  1993 .317 27本 70打点
3位/24本  1998 .335 24本 80打点
4位/23本  2006 .314 23本 75打点
5位/21本  2004 .312 21本 70打点
高卒4年目の1993年に27本塁打を記録した時はホームラン打者になることもあり得るかと思いましたが、前田も典型的な中距離打者でした。それだけにプロ16年目、34歳での32本塁打には驚きました。

坂本勇人(巨人)
1位/31本  2010 .281 31本 85打点
2位/23本  2016 .344 23本 75打点
3位/18本  2009 .306 18本 62打点
4位/16本  2014 .279 16本 61打点
4位/16本  2011 .262 16本 59打点
坂本は他の選手とは逆で、高卒4年目にいきなり31本塁打でしたから、てっきりホームラン打者になるものだと思っていました。結局中距離打者でしたが、毎年2016年くらいの本数は打ってほしいです。

 
いかがでしたか。数字を見て当時の私の興奮が伝わってきたでしょうか?笑

広島ファンの方は、丸が来年30本以上本塁打を打つところを想像してみてください。なんかめちゃくちゃ興奮しませんか?私が言いたいのはそういうことです 笑

みなさんは今年、誰が30本塁打を打ったら興奮しますか?(ある程度現実的な選手で。)

私は、う~ん…。長野久義(巨人)とか。現実的かどうかの判断はみなさんにお任せします 苦笑

注:私が巨人ファンだということではありません。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る