「打率2位じゃダメですか?」2/平井はれっきとした「二発屋」です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔「2位じゃダメですか?」という言葉が流行りましたが、まさに「2位じゃダメ」なことが多いのが、プロ野球の世界です。

特に「2位じゃダメ」なのが、個人タイトルです。

何百人もいる現役プロ野球選手の中でその年の2位だから相当凄いはずなのですが、残念ながらそのことで球史に名前が残ることはありません。

そこで「2位じゃダメなんですか?」と題して、過去、個人タイトルで2位だった選手たちにスポットを当ててひたすら懐かしむ、ということをやってみたいと思います 笑 

スポンサードリンク

「打率2位」の男たち 1998~2002

第1回目のテーマは、前回の記事に引き続き、惜しくも首位打者を逃してしまった「打率2位」の選手たちです。

過去30年間(1988~2017年)のセ・パ両リーグそれぞれの「打率2位」だった選手を10年分ずつ3回に分けてご紹介します。

今回は、1998~2007年の「打率2位」の選手たちです。

 
1998

セ 前田智徳(広島)
.335(504-169)24本 80打点 45四死球 OPS.938

パ 平井光親(ロッテ)
.320(387-124)8本 35打点 46四死球 OPS.827

1位はセが鈴木尚典(横浜)で.337、パがイチロー(オリックス)で.358。前田は1994年に続いて2回目の打率2位。前田の成績の中ではこれが個人的に一番好きです。平井は1991年に首位打者を獲って以来打率3割すらなく「一発屋」の空気が漂っていましたが、これで「二発屋」になりました 苦笑

 
1999

セ 関川浩一(中日)
.330(522-172)4本 60打点 50四死球 OPS.812

パ 松井稼頭央(西武)
.330(539-178)15本 67打点 56四死球 OPS.872

1位はセがローズ(横浜)で.369、パがイチロー(オリックス)で.343。巧打者のイメージが強い関川ですが、意外にこれが唯一の打率3割です。それにしても成績の数字が非常に美しいです 笑 松井は1位のイチローと.013差と、「最もイチローに近づいた」打率2位でした。逆にイチロー恐るべし。

 
2000

セ ローズ(横浜)
.332(506-168)21本 97打点 79四死球 OPS.957

パ オバンドー(日本ハム)
.332(385-128)30本 101打点 75四死球 OPS1.051

1位はセが金城龍彦(横浜)で.346、パがイチロー(オリックス)で.387。前年に打率.369、37本塁打、153打点と謎の猛打を見せたローズが、この年は平常運転(?)でなんと4回目の打率2位でした。オバンドーはキャリアハイの好成績でしたが、1位イチローとは実に.055差。イチローの壁は厚い…。
 
 
2001

セ 古田敦也(ヤクルト)
.324(441-143)15本 66打点 52四死球 OPS.868

パ 小笠原道大(日本ハム)
.339(576-195)32本 86打点 67四死球 OPS.989

1位はセが松井秀喜(巨人)で.333、パが福浦和也(ロッテ)で.346。1991年に打率.340で首位打者を獲得した古田が、その年以来の高打率で2位。捕手でこの成績ですから本当に凄い選手です。前年打率3位だった小笠原は、イチローのメジャーリーグ移籍でチャンスでしたが、惜しくも2位でした。

 
2002

セ 松井秀喜(巨人)
.334(500-167)50本 107打点 120四死球 OPS1.153

パ カブレラ(西武)
.336(447-150)55本 115打点 111四死球 OPS1.223

1位はセが福留孝介(中日)で.343、パが小笠原道大(日本ハム)で.340。前年首位打者の松井は、この年覚醒した福留に阻止され三冠王ならず。カブレラは、当時日本タイ記録だった55本塁打を放ちながらのこの高打率は見事でした。両リーグともに50本塁打超えのスーパースラッガーが並びました。

スポンサードリンク

「打率2位」の男たち 2003~2007

2003
セ ラミレス(ヤクルト)
.333(567-189)40本 124打点 40四死球 OPS.988

パ 谷佳知(オリックス)
.350(540-189)21本 92打点 59四死球 OPS.948

1位はセが今岡誠(阪神)で.340、パが小笠原道大(日本ハム)で.360。来日3年目のラミレスはこの年、突如三冠王に迫る猛打を見せました。私はこの年の谷の成績を見る度に「ラビットボール」という言葉を思い出します 笑 ちなみにこの年のパ・リーグは、打率.340以上の打者が4人もいました 苦笑

 
2004

セ ラロッカ(広島)
.328(436-143)40本 101打点 75四死球 OPS1.102

パ 小笠原道大(日本ハム)
.345(377-130)18本 70打点 59四死球 OPS.948

1位はセが嶋重宣(広島)で.337、パが松中信彦(ダイエー)で.358。ラロッカのこの成績も「ラビットボール」臭が凄いですね 笑 翌年以降の最多本塁打は27本でした。この年の小笠原はあまり調子が良くなかった印象ですが、それでも.345。で、打率2位。何だか感覚がおかしくなりそうです 苦笑

 
2005

セ 福留孝介(中日)
.328(515-169)28本 103打点 94四死球 OPS1.020

パ ズレータ(ソフトバンク)
.319(461-147)43本 99打点 59四死球 OPS1.038

1位はセが青木宣親(ヤクルト)で.344、パが和田一浩(西武)で.322。2002年に首位打者を獲得しながら、前年は打率.277と不振だった福留がこの年は打率2位と復調しました。28本塁打、103打点も見事です。ズレータは打撃三部門が全てリーグ2位という好成績で、「準」三冠王(?)でした。

 
2006

セ 李承燁(巨人)
.323(524-169)41本 108打点 61四死球 OPS1.003

パ カブレラ(西武)
.315(466-147)31本 100打点 71四死球 OPS.968

1位はセが福留孝介(中日)で.351、パが松中信彦(ソフトバンク)で.324。李が日本での唯一の打率3割で2位。この年だけは本当に凄い打者でした。私の中では非常にミステリーな出来事です 笑 カブレラは2回目の打率2位。実は打率3割が通算6回と、意外にも率を残せるタイプの打者でした。

 
2007

セ ラミレス(ヤクルト)
.343(594-204)29本 122打点 29四死球 OPS.940

パ リック(楽天)
.330(418-138)4本 53打点 35四死球 OPS.813

1位はセが青木宣親(ヤクルト)で.346、パが稲葉篤紀(日本ハム)で.334。ラミレスはこの年謎の「高打率仕様」で、右打者、そして外国人選手として史上初の200安打を記録しました。前年打率3位のリックが、この年は2位でした。まさに「地味地味アンド地味」といった感じの外国人選手です 笑

平井はれっきとした「二発屋」です!

今回も小笠原、カブレラ、ラミレスと、打率2位を複数回記録している選手が3人いました。いずれの選手もこの期間で2回ずつ記録しています。(前田も1994年と合わせると2回です。)

小笠原は2001年から4年連続打率.330以上で、その間首位打者2回、打率2位が2回。イチローのメジャーリーグ移籍後のパ・リーグの打撃ランキングは、間違いなくこの人が主役でした。

ローズは2000年に、貫録の4回目の打率2位を記録しました。日本球界在籍8年間で首位打者が1回、打率2位が4回、打率3割7回、毎年86打点以上という恐ろしいまでの安定感を誇りました。

平井は上述した通り、1991年の首位打者のみの「一発屋」扱いされることが多いですが、1998年は「あの」イチローに次ぐ打率2位。れっきとした「二発屋」です!笑

今回のメンバーは、首位打者経験者が多いです。平井、ローズ、古田、小笠原、松井、ラミレス、福留、リックと8人もいます。ある意味当然、という感じでしょうか。

さて、続きはまた次回です!


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る