「打率2位じゃダメですか?」1/パチョレックとローズはキャラが被る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔、政治の世界で「2位じゃダメですか?」という言葉が話題になりましたが、まさに「2位じゃダメ」なことが多いのがプロ野球の世界ではないでしょうか。

特に絶対「2位じゃダメ」なのが「個人タイトル争い」です。

何百人もいる現役プロ野球選手の中のその年の「2位」ですから相当凄いはずなのですが、残念ながら「2位」では球史に名前が残ることはありません。

そこで「2位じゃダメですか?」と題して、過去「個人タイトル争い」で惜しくも2位に終わった選手たちにスポットを当ててひたすら懐かしむ、ということをやってみたいと思います 笑

今回のテーマは、惜しくも首位打者を逃した「打率2位」の選手たちです。

スポンサードリンク

「打率2位」の男たち 1988~1992

それでは、過去30年間(1988~2017年)のセ・パ両リーグそれぞれの「打率2位」だった選手を3回に渡ってご紹介します。

1回目は、1988~1997年の「打率2位」の選手たちです。

1988
セ パチョレック(大洋)
.332(497-165)17本 76打点 35四死球 OPS.882

パ 松永浩美(阪急)
.326(473-154)16本 77打点 73四死球 OPS.909

1位はセが正田耕三(広島)で.340、パが高沢秀昭(ロッテ)で.327。パチョレックは来日1年目でしっかりと日本野球に順応しました。松永はこれが4回目の打率3割と、打率ベスト10の常連でした。僅差で首位打者を獲得した高沢の所属するロッテからの「敬遠攻め」は今も語り草です。

 
1989

セ パチョレック(大洋)
.333(435-145)12本 62打点 34四死球 OPS.885

パ 田辺徳雄(西武)
.318(424-134)8本 68打点 19四死球 OPS.779

1位はセがクロマティ(巨人)で.378、パがブーマー(オリックス)で.322。パチョレックはなんと2年連続の打率2位。安定感が素晴らしいです。田辺はこれが初めての規定打席到達でした。8本塁打で68打点と勝負強さが光っています。それにしてもかなり渋い顔ぶれですね 笑

 
1990

セ 高木豊(大洋)
.323(406-131)10本 55打点 61四死球 OPS.871

パ 大石大二郎(近鉄)
.314(471-148)20本 69打点 51四死球 OPS.898

1位はセがパチョレック(大洋)で.326、パが西村徳文(ロッテ)で.338。高木はこれが6回目の打率3割。同僚のパチョレックと首位打者を争いました。大石は前年まで3年連続1ケタ本塁打でしたが、この年は謎の長打力アップで好成績でした。奇しくも2人は同級生、ともに二塁を守った名選手です。

 
1991

セ 落合博満(中日)
.340(374-127)37本 91打点 99四死球 OPS1.155

パ 松永浩美(オリックス)
.314(484-152)13本 76打点 77四死球 OPS.885

1位はセが古田敦也(ヤクルト)で.340、パが平井光親(ロッテ)で.314。落合はわずか3毛差で首位打者を逃しました。思えばこの年がセ・リーグでの首位打者獲得の最大のチャンスでした。それにしても落合はこの年で38歳、凄まじい成績です。松永もわずか4毛差で念願の首位打者はならず。

 
1992

セ オマリー(阪神)
.325(381-124)15本 62打点 96四死球 OPS.993

パ トーベ(オリックス)
.305(367-112)11本 58打点 30四死球 OPS.806

1位はセがハウエル(ヤクルト)で.331、パが佐々木誠(ロッテ)で.322。オマリーはこの年が来日2年目。96四死球で出塁率.460という驚異的な成績を残しました。パは出ました!これぞ「2位」企画ならではの懐かしの「超」地味選手!笑 覚えているのは相当コアなファンだけでしょうね 笑

スポンサードリンク

「打率2位」の男たち 1993~1997

1993
セ ローズ(横浜)
.325(486-158)19本 94打点 53四死球 OPS.915

パ 石井浩郎(近鉄)
.309(475-147)22本 80打点 70四死球 OPS.917

1位はセがオマリー(阪神)で.329、パが辻発彦(ロッテ)で.319。のちにレジェンド外国人選手となるローズの来日1年目でした。打点王を獲得しています。なぜかパチョレックとイメージが被るのは私だけでしょうか?笑 石井はスラッガーのイメージなので、打率2位はなんか意外でした。

 
1994

セ 前田智徳(広島)
.321(492-158)20本 66打点 57四死球 OPS.885

パ カズ山本(ダイエー)
.317(420-133)11本 62打点 83四死球 OPS.880

1位はセがパウエル(中日)で.324、パがイチロー(オリックス)で.385。前田は23歳にして、この年で3年連続打率3割。アキレス腱を切る前の最後のシーズンでした。山本はこの年「バントをしない二番打者」として活躍。打率2位ですが、イチローとはなんと.068の大差でした 苦笑

 
1995

セ ローズ(横浜)
.315(492-155)22本 97打点 54四死球 OPS.909

パ 堀幸一(ロッテ)
.309(457-141)11本 67打点 51四死球 OPS.810

1位はセがパウエル(中日)で.355、パがイチロー(オリックス)で.342。ローズは1993年に続いて2回目の打率2位。初期のローズにしては珍しく、本塁打が20本を超えています。堀はこの年が初の打率3割でした。ちなみに首位打者は、セ・パともに2年続けて同じ選手です。

 
1996

セ 辻発彦(ヤクルト)
.333(400-133)2本 41打点 53四死球 OPS.789

パ 片岡篤史(日本ハム)
.315(416-131)15本 51打点 66四死球 OPS.893

1位はセがパウエル(中日)で.340、パがイチロー(オリックス)で.356。前年打率.238で西武を自由契約になった辻が、セ・リーグに来ていきなり高打率を残したのは驚きでした。片岡は2年続いた不振から復活した一年でした。首位打者はなんと、セ・パともに3年連続同じ選手となりました。

 
1997

セ ローズ(横浜)
.328(463-152)18本 99打点 102四死球 OPS.984

パ クラーク(近鉄)
.331(526-174)23本 93打点 38四死球 OPS.886

1位はセが鈴木尚典(横浜)で.335、パがイチロー(オリックス)で.345。ローズはなんとこれで3回目の打率2位。相変わらず勝負強く、成績の安定感はもう気持ち悪いくらいです 苦笑 クラークは来日1年目で「絶対王者」のイチローに、一時期打率6厘差まで迫る大健闘を見せました。

パチョレックとローズはキャラが被る?

パチョレック、松永、ローズと、打率2位を複数回記録している選手が3人いました。

特に松永は、1988年は高沢に1厘差、1991年にいたっては平井に4毛差と非常に僅差で首位打者を逃し、打率3割を通算7回も記録しながら、ついに生涯首位打者を獲得することはできませんでした。

上述しましたが、同じチームで同じタイプの外国人打者ということもあって、私の中でパチョレックとローズは少しキャラが被ってしまいます 苦笑

安定して高打率を残せる右の中距離打者を、こうも続けて獲得したスカウトの目も凄いですよね。両者とも私の好きなタイプの打者です。ローズがパチョレックの上位互換、という感じでしょうか。

ちなみにパチョレックは1990年、ローズは1999年にそれぞれ首位打者を獲得しています。

それにしてもパ・リーグは、イチローの出現「前」と出現「後」で、同じ打率2位でも全然意味合いが違う感じがします。

こんな「たら、れば」はナンセンスですが、もしもイチローがいなければ、カズ山本、堀、片岡あたりが首位打者を獲得できていたということですよね?

そんな地味な(失礼)世界も、ちょっと見てみたい気がします 笑

さて、次回は1998~2007年の「打率2位」の選手たちをご紹介します。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA