DeNA・梶谷が狙うべき成績はトリプルスリーではなくトリプル○○

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

梶谷隆幸(DeNA)は、なんとも不思議な選手です。

一流選手になりそうな雰囲気はあるのに、一皮むけそうで、なかなかその一皮がむけません 苦笑

「今季こそは覚醒した!」とファンに思わせるような好調な時期は毎年あるのですが、一年が終わってみれば、いつも大体似たような成績を残しています。

しかも、それが可もなく不可もなくというような、非常に微妙な評価しづらい成績なのです。

選手としての方向性も、なかなか見えてきません。

ホームラン打者の可能性を匂わせてみたり、いや、実はアベレージヒッターなのだ、と期待させてみたり、気まぐれに(?)盗塁王なんかを獲ってみたり 笑

実にもどかしいというか、わかりにくいタイプの選手です。

スポンサードリンク

謎(?)の2013年夏の大ブレイク

世間にその名を知らしめた、2013年夏のブレイクは鮮烈でした。

その年の前半戦は、守備でミスを連発して2軍に落とされたり、怪我をしたりでパッとしませんでしたが、8/2に一軍に昇格してくると、突然人が変わったように打ちまくりました。

その後シーズン終了までの約2か月間で残した成績は、大いにファンに夢を見させてくれました。

今でもネット上で語り草となることも多い、2013年の梶谷の成績はこちら。

.346(254-88)16本 44打点 33四死球 OPS1.047

いつ見ても衝撃的な成績です。

全て8月以降に打ったという16本塁打も凄いですが、何と言っても.346の高打率!こんな若手選手がいきなり出てきたら、ファンは本当に絶頂ものでしょう 笑

ちなみにこの年の梶谷がもしも開幕からフル出場していたら、一体どのような成績を残していたのでしょうか。2013年のセ・リーグの規定打席到達者の平均打席数(550)で換算してみます。

.346(492-170)31本 84打点 56四死球 OPS1.046

う…、美しすぎる!て…、天才すぎる!凄い成績が出てしまいました。

2002年の小笠原道大(当時日本ハム)、2003年の和田一浩(当時西武)あたりの成績が最も近いでしょうか。

小笠原道大(日本ハム)
2002  .340(486-165)32本 81打点 96四死球 OPS1.031

和田一浩(西武)
2003  .346(468-162)30本 89打点 70四死球 OPS1.060

こんな衝撃的な成績を残した梶谷に、巷では、将来トリプルスリーを期待する声までありました。

スポンサードリンク

可もなく不可もなく、なこの4年間

ところが、翌2014年以降昨年までの梶谷の年度別成績はというと…。

2014  .263(525-138)16本 72打点 39盗塁 82四死球 135三振 OPS.793
2015  .275(520-143)13本 66打点 28盗塁 54四死球 132三振 OPS.767
2016  .273(396-108)18本 56打点 26盗塁 53四死球 110三振 OPS.793

う~ん…。悪くはありません。決して悪くはないのですが、かと言って良くもありません。期待値を考えるとかなりモヤモヤしてしまいます。

打率は平凡、本塁打は少なくはありませんが決して20本には届かず。盗塁数はまあまあ、四死球数はそこそこ、三振だけは非常に多い 笑

そこそこ長打力があって盗塁も多いですが、現役時代の秋山幸二(元西武、ダイエー)と比べると圧倒的に本塁打が足りませんし、佐々木誠(元ダイエー、西武他)ほど打率も残せていません。

強いて同じタイプの成績を挙げるなら、佐々木にしては不調だった1995年の成績でしょうか。

佐々木誠(西武)
.271(535-145)17本 55打点 18盗塁 48四死球 89三振 OPS.745

迎えた今季、開幕当初は例年よりもやや本塁打のペースが速かったので、「今季は本塁打が増えるのでないか?」「やっと覚醒するのか?」などという声もありました。

しかし、私は全く信用していませんでした。終わってみれば、どうせいつもと同じように平凡な成績を残すのだろう、とタカをくくっていました。

そして、今季の梶谷の成績がこちら。

.248(480-119)19本 55打点 18盗塁 60四死球 144三振 OPS.757

うん。いつも通り 笑 というか、いつもより打率が低い。盗塁が少ない。三振が多い。それにしても144三振って…。それならせめて、あと10本は本塁打を打ってくれよ~ 苦笑

私から梶谷選手に提案です!

若手だとばかり思っていた梶谷も、気づけばもう来年で30歳です。

私たちは、梶谷に期待しすぎていたのかもしれません。そして、もしかしたら梶谷自身も、2013年夏の自分の幻影を追いかけすぎているのかも…。

そこで私は提案したいと思います。

梶谷選手、来年からはこういう選手を目指しませんか?

打率は.250でいいです。だから本塁打を最低20本、できれば25本!盗塁は最低25個、できれば盗塁王を毎年争ってください!

つまり、トリプルスリーなんて贅沢は言わないので、せめて毎年トリプル25(打率.250、25本塁打、25盗塁)を達成できる選手になってくれませんか?それで十分です!

DeNAファンのみなさん、私のこの提案いかがでしょうか?


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る