闘将・星野仙一氏を偲んで/「血の入れ替え」~トレード編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年1月4日、星野仙一氏がすい臓がんのため、70歳で亡くなりました。

星野氏は監督時代、積極的に若手を抜擢し、自分が一度信じた選手はとことん起用するという育成法で、これまで数々の名選手を生み出してきました。

当ブログでは、過去2回に渡って星野氏がこれまで育ててきた名選手たちをご紹介しました。

関連記事:闘将・星野仙一氏を偲んで/「ワシが育てた。」~野手編~
関連記事:闘将・星野仙一氏を偲んで/「ワシが育てた。」~投手編~

それで星野氏にまつわる記事は終わりにするつもりだったのですが、星野氏と言えば若手の育成とともに手腕を発揮したのは、トレードやFAなどによる選手補強でした。

チームの若返りや体質改善のために、それまでの主力選手を惜しみなく放出してでも欲しい選手を獲りに行く姿勢は「血の入れ替え」とも呼ばれました。

今回は、その星野氏のこれまで行ってきたトレードによる主な選手補強の歴史を振り返ります。

スポンサードリンク

「血の入れ替え」~トレード編~Part.1

星野氏が監督時代に行ったトレードのうち、特に成果のあった6例をご紹介します。

※上がトレード前年、下が移籍1年目の成績です。

1987年

落合博満(ロッテ → 中日)
1986  .360(417-150)50本 116打点 120四死球 OPS1.232
1987  .331(432-143)28本 *85打点 *91四死球 OPS1.037

牛島和彦(中日 → ロッテ)
1986  3勝5敗16S 防2.78 55.0回 46奪三振 WHIP1.18
1987  2勝4敗24S 防1.29 55.2回 59奪三振 WHIP1.11

前年のパ・リーグ三冠王・落合と、バリバリのストッパーだった牛島を含む4選手との1対4のトレードは球界を激震させました。落合は慣れないセ・リーグで戸惑いもあったのか前年より大幅に成績を落としましたが、それでもさすがの好成績。翌年は四番打者として星野中日を初優勝に導きました。牛島は26セーブポイントで最優秀救援投手を獲得し、意地を見せました。

 
1988年
小野和幸(西武 → 中日)
1987  *4勝11敗 防3.86 130.2回 *65奪三振 WHIP1.24
1988  18勝*4敗 防2.60 187.0回 106奪三振 WHIP1.16

平野謙(中日 → 西武)
1987  .268(365-*98)4本 26打点 18四死球 OPS.666
1988  .303(508-154)7本 46打点 37四死球 OPS.748

1986年に盗塁王を獲得し、当時選手会長だった平野を放出して小野を獲得。小野は中日に移籍してきて実力が開花。いきなり18勝を挙げて最多勝に輝きました。平野も打率3割を記録して復活し、その後も秋山幸二、清原和博の前を打つ不動の二番打者として西武の黄金時代に貢献しました。

 
1989年
西本聖(巨人 → 中日)
1988  *4勝3敗 防3.90 *64.2回 35奪三振 WHIP1.11
1989  20勝6敗 防2.44 246.2回 96奪三振 WHIP1.09

中尾孝義(中日 → 巨人)
1988  .262(256-67)7本 35打点 15四死球 OPS.725
1989  .228(237-54)5本 27打点 24四死球 OPS.628

1981年に沢村賞を受賞した巨人の元エース・西本と、1982年にMVPを受賞し、1987年まで正捕手だった中尾の同一リーグ同士のトレードも衝撃でした。西本は巨人戦に5勝するなど20勝を挙げて復活。中尾も捕手として斎藤雅樹を覚醒させるなど活躍し、両者揃ってカムバック賞を受賞しました。

スポンサードリンク

「血の入れ替え」~トレード編~Part.2

1998年
関川浩一(阪神 → 中日)
1997  .306(245-*75)5本 26打点 36四死球 OPS.825
1998  .285(382-109)1本 36打点 51四死球 OPS.705

久慈照嘉(阪神 → 中日)
1997  .257
(393-101)3本 20打点 51四死球 OPS.659
1998  .249(389-*97)0本 18打点 55四死球 OPS.633

大豊泰昭(中日 → 阪神)
1997  .240
(296-71)12本 35打点 41四死球 OPS.732
1998  .231(307-71)21本 61打点 36四死球 OPS.802

矢野燿大(中日 → 阪神)
1997  .252(214-54)3本 19打点 25四死球 OPS.662
1998  .211(285-60)3本 20打点 31四死球 OPS.593

本拠地が広いナゴヤドームに変わり、守備や機動力を重視するチーム作りのため主力同士の2対2のトレードを敢行。関川、久慈は期待通りレギュラーとして活躍し、翌年もリーグ優勝に貢献しました。大豊は2年ぶりの20本塁打を記録し、矢野は初の100試合出場、のちに一流捕手へと成長しました。

 
2003年
野口寿浩(日本ハム → 阪神)
2002  .227(291-66)5本 31打点 16四死球 OPS.587
2003  .271(107-29)1本 *5打点 *7四死球 OPS.706

坪井智哉(阪神 → 日本ハム)
2002  .250(*68-*17)1本 *6打点 *5四死球 OPS.640
2003  .330(443-146)5本 40打点 52四死球 OPS.836

新人から2年連続打率3割を記録した後低迷していた坪井を放出し、1998年にヤクルトから日本ハムに移籍し捕手として活躍していた野口を獲得。野口は矢野に次ぐ二番手捕手としてリーグ優勝に貢献、星野氏に「今季一番の補強」と言わしめました。坪井もキャリアハイとなる打率.330と復活しました。

 
2012年
藤田一也(DeNA → 楽天)
2011  .303(188-57)1本 15打点 17四死球 OPS.733
2012  .283(283-80)0本 22打点 13四死球 OPS.655

内村賢介(楽天 → DeNA)
2011  .271(321-87)1本 30打点 26四死球 OPS.640
2012  .215(349-75)0本 26打点 38四死球 OPS.532

シーズン途中の6月に、前年打率.271、31盗塁と活躍した内村を放出して、同じ二塁手の藤田を獲得。藤田は当初代走や守備固めとしての起用が続きましたが、シーズン終盤にレギュラーに定着。翌年はベストナインを受賞するなど日本一に貢献しました。内村も18盗塁を記録する活躍を見せました。

獲った選手も出した選手も活躍!

プロ野球ファンなら、上記の6つのトレードのほとんどが記憶に残っているのではないでしょうか。

放出した選手は(数年低迷していた選手もいますが)全員もれなく主力選手です。しかもほとんどの選手が30歳前後と働き盛り。当時のファンの悲鳴が聞こえてきそうです 苦笑

中でも一番衝撃的だったのは、やはり落合獲得のための1対4のトレードでしょう。放出された牛島はなんと当時25歳。上述したように、前年チーム最多セーブを記録したバリバリのストッパーでした。

上記では触れませんでしたが、牛島とともに放出された上川誠二は前年の正二塁手。129試合に出場して打率.295を記録し、当時26歳でした。こんなトレード今考えられます?笑

ただ星野氏の凄いところは、そうまでして獲得した選手を自分のチームで活躍させ、その後の優勝にしっかりと繋げているところです。

それともう一つ。放出した選手も移籍先で活躍しているケースが多いです。

特に1989年の西本と中尾のカムバック賞のダブル受賞などは、トレードの成功例としてこれ以上ない究極の結果だと思います。

放出する選手を単に自分の欲しい選手を獲得するためのコマとして考えるのではなく、その選手の実力を認めた上で活躍できる環境を選んで放出したのではないかと思えるほどの素晴らしい成果です。

1998年に自らが放出した矢野が移籍先で成長し、2003年阪神でのリーグ優勝時の正捕手として大活躍するなんて、実に出来過ぎた話だと思いませんか?笑

25歳いう若さで放出された牛島氏が先日、亡くなった星野氏に対して「感謝の思いしかない。」とコメントしています。

私は、この言葉に星野氏の戦略家という言葉を超えた人間性が表れているような気がします。

さて、次回は星野氏が行ったFA・その他の選手補強について取り上げます。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA