「本塁打2位じゃダメですか?」3/バレンティンと中村の陰に隠れて…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔、政治の世界で「2位じゃダメですか?」という言葉が話題になりましたが、まさに「2位じゃダメ」なことが多いのがプロ野球の世界ではないでしょうか。

特に絶対「2位じゃダメ」なのが「個人タイトル争い」です。

何百人もいる現役プロ野球選手の中のその年の「2位」ですから相当凄いはずなのですが、残念ながら「2位」では球史に名前が残ることはありません。

そこで「2位じゃダメですか?」と題して、過去「個人タイトル争い」で惜しくも2位に終わった選手たちにスポットを当ててひたすら懐かしむ、ということをやってみたいと思います 笑

以前当ブログでは「打率2位」と「勝ち星2位」の選手たちをご紹介しました。

関連記事:「打率2位じゃダメですか?」1/パチョレックとローズはキャラが被る?
関連記事:「勝ち星2位じゃダメですか?」1/最多勝獲得回数と「タイトル運」

前々回前回に引き続き、惜しくも本塁打王を逃した「本塁打2位」の選手たちをご紹介します。

スポンサードリンク

「本塁打2位」の男たち 2008~2012

過去30年間(1988~2017年)のセ・パ両リーグそれぞれの「本塁打2位」だった選手を3回に渡ってご紹介しています。

最終回は、2008~2017年の「本塁打2位」の選手たちです。

※本塁打王の選手が複数いる場合は、その選手たちに次ぐ本塁打数を記録した選手をご紹介します。

2008
セ ラミレス(巨人)
.319(548-175)45本 125打点 49四死球 OPS.990

パ ローズ(オリックス)
.277(499-138)40本 118打点 98四死球 OPS.977

1位はセが村田修一(横浜)で46本、パが中村剛也(西武)で46本。ヤクルトから巨人移籍1年目のラミレスがいきなりキャリアハイの45本塁打、125打点で打点王を獲得、MVPに輝きました。40歳のローズは1988年門田博光(南海)以来史上2人目の40代で40本塁打。打点王を獲得しました。

 
2009
セ 阿部慎之助(巨人)
.293(409-120)32本 *76打点 44四死球 OPS.943

パ 山崎武司(楽天)
.246(536-132)39本 107打点 71四死球 OPS.847

1位はセがブランコ(中日)で39本、パが中村剛也(西武)で48本。阿部は自身3回目の30本塁打。OPS.943はリーグトップでした。これで捕手は反則です(いつもの)笑 11月に41歳を迎えた山崎は前年のローズに負けじと39本塁打。41歳になる年に100打点を挙げたのは山崎ただ1人です。

 
2010
セ ブラゼル(阪神)
.296(564-167)47本 117打点 31四死球 OPS.902

パ 山崎武司(楽天)
.239(540-129)28本 *93打点 52四死球 OPS.749

1位はセがラミレス(巨人)で49本、パがT-岡田(オリックス)で33本。ブラゼルは阪神の外国人打者としては1986年のバース以来の40本塁打でしたが、タイトルには惜しくもあと2本届きませんでした。山崎は2年連続の2位。40歳になる年からの3年間でなんと合計93本塁打を記録しました。

 
2011
セ ラミレス(巨人)
.279(477-133)23本 73打点 33四死球 OPS.775

パ 松田宣浩(ソフトバンク)
.282(525-148)25本 83打点 51四死球 OPS.854

1位はセがバレンティン(ヤクルト)で31本、パが中村剛也(西武)で48本。忌わしき「違反球」の年。ラミレスは前年から実に26本減の23本塁打。8年続いた100打点にも届きませんでした。松田は本塁打王の中村と23本差のリーグ2位。あと1本少なければダブルスコアになっていました 苦笑

 
2012

セ 阿部慎之助(巨人)
.340(467-159)27本 104打点 78四死球 OPS.994

パ 李大浩(オリックス)
.286(525-150)24本 *91打点 71四死球 OPS.846

パ 中田翔(日本ハム)
.239(547-131)24本 *77打点 55四死球 OPS.727

1位はセがバレンティン(ヤクルト)で31本、パが中村剛也(西武)で27本。「違反球」2年目。阿部は1人だけ別次元で打ちまくり、首位打者と打点王を獲得。あと4本塁打で三冠王でした。来日1年目の李は打点王獲得。中田は初めて全試合で四番打者を務め勝利打点17はリーグトップでした。

スポンサードリンク

「本塁打2位」の男たち 2013~2017

2013
セ ブランコ(横浜)
.333(483-161)41本 136打点 71四死球 OPS1.049

パ 中田翔(日本ハム)
.305(407-124)28本 *73打点 51四死球 OPS*.931

パ マギー(楽天)
.292(513-150)28本 *93打点 72四死球 OPS*.891

1位はセがバレンティン(ヤクルト)で60本、パがアブレイユ(日本ハム)で31本。例年なら三冠王も狙える成績のブランコでしたが「スーパーバレンティン」に阻まれました 笑 中田は8月に死球を受け無念の戦線離脱。昨年巨人で打率.315、18本塁打のマギーはこの時は「長距離砲」でした。

 
2014

セ バレンティン(ヤクルト)
.301(366-110)31本 69打点 77四死球 OPS1.007

パ ペーニャ(オリックス)
.255(502-128)32本 90打点 69四死球 OPS*.830

1位はセがエルドレッド(広島)で37本、パがメヒア(西武)と中村剛也(西武)で34本。バレンティンは前年より本塁打が半減しましたがそれでも31本。やはり60本塁打は偉大です 笑 「違反球」2年目の2012年に21本塁打のペーニャは、この年32本塁打を放って自らのパワーを証明しました。

 
2015

セ 畠山和洋(ヤクルト)
.268(512-137)26本 105打点 64四死球 OPS.815

パ 松田宣浩(ソフトバンク)
.287(533-153)35本 *94打点 62四死球 OPS.889

1位はセが山田哲人(ヤクルト)で38本、パが中村剛也(西武)で37本。見た目は「ホームラン打者」の畠山ですが 笑、意外にもこの年の26本塁打がキャリアハイ。打点王を獲得しました。一方「ホームラン打者」というイメージの松田ですが、意外にも30本塁打を超えたのはこの年だけです。

 
2016

セ 山田哲人(ヤクルト)
.304(481-146)38本 102打点 64四死球 OPS1.032

パ メヒア(西武)
.252(511-129)35本 103打点 65四死球 OPS*.842

1位はセが筒香嘉智(DeNA)で44本、パがレアード(日本ハム)で39本。山田は6月末まで打撃部門「12冠」で「DHC」などと呼ばれましたが 笑、後半失速して盗塁王のみ。それでも史上初の2年連続トリプルスリーでした。メヒアはキャリアハイの35本塁打も2回目の本塁打王は逃しました。

 
2017

セ バレンティン(ヤクルト)
.254(445-113)32本 80打点 73四死球 OPS.864

パ レアード(日本ハム)
.229(503-115)32本 90打点 61四死球 OPS.767

1位はセがゲレーロ(中日)で35本、パがデスパイネ(ソフトバンク)で35本。7年目のバレンティンは自身5回目の31本塁打はなりませんでしたが、通算「217本塁打」を「7」で割るとなんとぴったり「31本塁打」になります 笑 レアードは1年目から3年連続30本塁打を達成しました。

バレンティンと中村の陰に隠れて…

今回の期間(2008~2017年)の本塁打王争いの「主役」と言えば間違いなくこの2人でしょう。

セ・リーグはバレンティン、パ・リーグはもちろん中村です。

バレンティンは2013年に「スーパーバレンティン」として(?)なんとシーズン60本塁打のプロ野球新記録を樹立するなど、2011年から3年連続本塁打王を獲得しました。

そのバレンティンの活躍の陰で、実は阿部とブランコという2人の「本塁打2位」の選手が惜しくも三冠王を逃してしまったことを憶えているでしょうか。

両者とも首位打者と打点王のタイトルを獲得しながら、阿部は2012年、ブランコは2013年にそれぞれバレンティンに本塁打王を奪われ「夢の三冠王」獲得を阻まれています。

特に2013年のバレンティンとブランコは、お互いでお互いの三冠王を潰し合い(?)ました 笑

※赤文字はリーグ1位

バレ .330 60本 131打点 OPS1.234
ブラ .333 41本 136打点 OPS1.049

バレンティンは2014年以降は本塁打王はなしで2位が2回。最近はタイトル獲得よりも、むしろ「31本塁打」という数字に強いこだわり(?)を見せています 笑

関連記事:恐るべし!ヤクルト・バレンティンの「31本塁打力」が今季も発動か?

一方、中村はこの10年間でなんと6回も本塁打王を獲得しています。これは王貞治(元巨人)の15回、野村克也(元南海他)の9回に次ぐ歴代3位の大記録です。

しかも中村は一昨年まで、規定打席に到達した年は必ず本塁打王を獲得。要するに「ケガさえしなければ確実に本塁打王」というとんでもない状況を続けてきたということです 苦笑

関連記事:「おかわり君」こと西武・中村の「怪」記録が今季ついにストップか?

特に圧巻だったのは2011年です。ほとんどの打者がこの年導入された「違反球」に苦しみ大幅に本塁打を減らす中、中村はなんとなんとなんと!キャリアハイの48本塁打を記録してしまいました。

セ・リーグの本塁打王・バレンティンが31本、パ・リーグの本塁打リーグ2位・松田が25本、さらにこの年のロッテのチーム本塁打数が46本ですから 苦笑、その凄さがお分かりいただけると思います。

ちなみに、2011年のパ・リーグ全体の本塁打数が454本なので、中村の48本は実に10.57%。2013年のバレンティン(セ・リーグ全体の本塁打数714本に対し60本なので8.4%)を上回っています。

あ、今回のテーマは「本塁打2位」の選手でしたね 苦笑

中村が本塁打王を6回も獲得してしまった(?)ので、この10年間のパ・リーグの本塁打王争いはややつまらないものになりました。でも私は、それはそれで良かったと思っています。

上記の「本塁打2位」の選手たちをもう一度ご覧ください。

もしも中村という選手が存在しなかったら、松田や中田が本塁打王を獲得していたことになります。(特に松田は2回も。)この2人が本塁打王になることに違和感を感じるのは私だけでしょうか…?

ひと言言わせてください。

「本塁打王には格というものがあるだろう!」

…お後がよろしいようで 苦笑

以上で「本塁打2位じゃダメですか?」終了です。(松田選手、中田選手、ごめんなさい!)


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA