「本塁打2位じゃダメですか?」2/ザ・ライバル!伝説のタイトル争い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔、政治の世界で「2位じゃダメですか?」という言葉が話題になりましたが、まさに「2位じゃダメ」なことが多いのがプロ野球の世界ではないでしょうか。

特に絶対「2位じゃダメ」なのが「個人タイトル争い」です。

何百人もいる現役プロ野球選手の中のその年の「2位」ですから相当凄いはずなのですが、残念ながら「2位」では球史に名前が残ることはありません。

そこで「2位じゃダメですか?」と題して、過去「個人タイトル争い」で惜しくも2位に終わった選手たちにスポットを当ててひたすら懐かしむ、ということをやってみたいと思います 笑

以前当ブログでは「打率2位」と「勝ち星2位」の選手たちをご紹介しました。

関連記事:「打率2位じゃダメですか?」1/パチョレックとローズはキャラが被る?
関連記事:「勝ち星2位じゃダメですか?」1/最多勝獲得回数と「タイトル運」

前回の記事に引き続き、惜しくも本塁打王を逃した「本塁打2位」の選手たちをご紹介します。

スポンサードリンク

「本塁打2位」の男たち 1998~2002

過去30年間(1988~2017年)のセ・パ両リーグそれぞれの「本塁打2位」だった選手を3回に渡ってご紹介しています。

2回目は、1998~2007年の「本塁打2位」の選手たちです。

※本塁打王の選手が複数いる場合は、その選手たちに次ぐ本塁打数を記録した選手をご紹介します。

1998
セ 江藤智(広島)
.253(475-120)28本 81打点 100四死球 OPS.845

パ 中村紀洋(近鉄)
.260(481-125)32本 90打点 *79四死球 OPS.856

1位はセが松井秀喜(巨人)で34本、パがウィルソン(日本ハム)で33本。すでに本塁打王を2回獲得していた江藤でしたが、1996年に仁志敏久(巨人)の打球を左目に受けて以降はだいぶ成績が落ちました。中村は初の30本塁打。ここから(いろんな意味で)どんどん調子に乗っていきます 笑

 
1999
セ 松井秀喜(巨人)
.304(471-143)42本 95打点 95四死球 OPS1.047

パ 中村紀洋(近鉄)
.261(514-134)31本 95打点 83四死球 OPS*.848

1位はセがペタジーニ(ヤクルト)で44本、パがローズ(近鉄)で40本。松井が巨人では王貞治以来の40本塁打を記録するもタイトルならず。松井とペタジーニの「頂上対決」はこの年から4年間に渡って続くことになります。中村は2年連続の2位。同僚・ローズが大きく立ちはだかりました。

 
2000
セ ペタジーニ(ヤクルト)
.316(484-153)36本 96打点 101四死球 OPS1.033

パ ウィルソン(日本ハム)
.294(439-129)37本 89打点 *57四死球 OPS*.973

1位はセが松井秀喜(巨人)で42本、パが中村紀洋(近鉄)で39本。ペタジーニは2年連続の「3割・30本塁打」でしたが、松井が本塁打、打点の二冠王を獲得。前年故障で0本塁打だった1997、1998年の本塁打王・ウィルソンは完全復活も2本及ばず。中村が念願の本塁打王に輝きました。

 
2001
セ 松井秀喜(巨人)
.333(481-160)36本 104打点 123四死球 OPS1.081

パ カブレラ(西武)
.282(514-145)49本 124打点 *88四死球 OPS*.998

1位はセがペタジーニ(ヤクルト)で39本、パがローズ(近鉄)で55本。松井は初の首位打者獲得も、この年はペタジーニが本塁打、打点の二冠を奪取しました。カブレラは外国人打者の1年目最多となる49本塁打を記録しましたが、ローズが日本タイ記録の55本塁打でタイトルを阻みました。

 
2002

セ ペタジーニ(ヤクルト)
.322(453-146)41本 *94打点 96四死球 OPS1.087

パ ローズ(近鉄)
.272(534-145)46本 117打点 76四死球 OPS*.956

1位はセが松井秀喜(巨人)で50本、パがカブレラ(西武)で55本。ペタジーニが来日1年目以来の40本塁打も、初の50本塁打を記録した松井に軍配が上がりました。ローズはこの年も46本塁打を放ちましたが、今度はなんとカブレラが「55本塁打返し」で雪辱。初の本塁打王を獲得しました。

スポンサードリンク

「本塁打2位」の男たち 2003~2007

2003
セ アリアス(阪神)
.265(464-123)38本 107打点 50四死球 OPS*.899

パ カブレラ(西武)
.324(457-148)50本 112打点 73四死球 OPS1.123

1位はセがラミレス(ヤクルト)とウッズ(横浜)で40本、パがローズ(近鉄)で51本。アリアスはチームトップの38本塁打、107打点で阪神18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献しました。カブレラは2年連続50本塁打もローズに1本及ばず。50本打って本塁打王を逃したのはカブレラだけです。

 
2004
セ 岩村明憲(ヤクルト)
.300(533-160)44本 103打点 74四死球 OPS.966

パ ズレータ(ダイエー)
.284(455-129)37本 100打点 82四死球 OPS.956

1位はセがウッズ(横浜)とローズ(巨人)で45本、パが松中信彦(ダイエー)とセギノール(日本ハム)で44本。岩村は「スーパーラビットボール」の恩恵だったのか(?)自己最多の44本塁打。173三振と粗さも目立ちました。前年途中入団で13本塁打のズレータは大きく飛躍しました。

 
2005
セ 金本知憲(阪神)
.327(559-183)40本 125打点 101四死球 OPS1.044

パ ズレータ(ソフトバンク)
.319(461-147)43本 *99打点 *59四死球 OPS1.038

1位はセが新井貴浩(広島)で43本、パが松中信彦(ソフトバンク)で46本。金本は阪神の打者としては1986年のバース以来の40本塁打でしたが、自らを「兄」と慕う新井にタイトルを奪われました 笑 ズレータは打率、本塁打、打点すべてでリーグ2位。「準三冠王」(?)の好成績でした。

 
2006
セ 李承燁(巨人)
.323(524-169)41本 108打点 61四死球 OPS1.003

パ カブレラ(西武)
.315(466-147)31本 100打点 71四死球 OPS*.968

1位はセがウッズ(中日)で47本、パが小笠原道大(日本ハム)で32本。巨人移籍1年目の李が突然の「確変」で「国民的打者」らしい堂々たる成績を残しました。カブレラはこの頃には全盛期に比べて体が一回り小さくなり(意味深)、すっかり並の(?)ホームラン打者となっていました。

 
2007
セ 高橋由伸(巨人)
.308(503-155)35本 *88打点 *82四死球 OPS*.982

セ ウッズ(中日)
.270(466-126)35本 102打点 122四死球 OPS*.948

セ ガイエル(ヤクルト)
.245(497-122)35本 *79打点 111四死球 OPS*.874

パ ローズ(オリックス)
.291(464-135)42本 *96打点 *88四死球 OPS1.066

1位はセが村田修一(横浜)で36本、パが山崎武司(楽天)で43本。シーズン終盤4人が35本で並ぶという稀に見る大接戦だったこの年のセの本塁打王争いは、村田の「あの」ひと振りで決着がつきました 笑 ローズは1年のブランクを経ての球界復帰で42本塁打。ファンの度肝を抜きました。

ザ・ライバル!伝説のタイトル争い

今回の期間(1998~2007年)のキーワードは、ズバリ「ライバル」です。

セ・リーグは松井とペタジーニ、パ・リーグはローズとカブレラが、それぞれ数年に渡り本塁打王をめぐって激しく火花を散らしました。

まずは1999~2002年の松井とペタジーニの成績を比較してみます。

※赤文字はリーグ1位

1999年
松井 .304 42本 *95打点 OPS1.047
ペタ .325 44本 112打点 OPS1.146

2000年
松井 .316 42本 108打点 OPS1.092
ペタ .316 36本 *96打点 OPS1.033

2001年
松井 .333 36本 104打点 OPS1.081
ペタ .322 39本 127打点 OPS1.099

2002年
松井 .334 50本 107打点 OPS1.153
ペタ .322 41本 *94打点 OPS1.087

ネット上などで何度も見たことがあると思いますが 苦笑、改めて凄すぎます…。

2人の打者がここまで安定してハイレベルな成績でタイトルを争った例を私は他に知りません。お互い相手がいなければ、4年連続で本塁打王となっていました。(松井は1998年から5年連続。)

「日本人打者 VS 外国人打者」という構図も良かったです。両者選球眼も抜群で、4年に渡ってまさに「リーグ最強打者」の座を争いました。結果は2勝2敗というところですかね。

ちなみに松井が2002年オフにメジャー移籍。その後釜として同年ペタジーニが巨人に入団しました。(巨人時代のペタジーニは起用法が明らかに不遇で実力を発揮しきれませんでしたが…。)

ローズとカブレラも負けていません。2人の2001~2003年の成績を比較します。

※赤文字はリーグ1位

2001年
ロー .327 55本 131打点 OPS1.083
カブ .282 49本 124打点 OPS*.998

2002年
ロー .272 46本 117打点 OPS*.956
カブ .336 55本 115打点 OPS1.223

2003年
ロー .276 51本 117打点 OPS*.999
カブ .324 50本 112打点 OPS1.123

打って変わってこちらは外国人打者同士のド迫力な「本塁打合戦」です。NPB版の「ソーサ VS マグワイア」という感じでしょうか。

ローズとカブレラが2001、2002年と交互に当時の日本記録である55本塁打を記録した時は、見ている私たちも完全に感覚がおかしくなってしまいました 苦笑

こちらもお互い邪魔しなければ(?)、3年連続本塁打王でした。(ローズは2004年まで4年連続。)

ちなみにこの2人は、2008年から2年間オリックスでチームメイトになっています。(2008年はローズが40本塁打、カブレラが36本塁打でチームの2位躍進に大きく貢献しました。)

他の打者にも触れたいところですが、何だかもうお腹いっぱいですね 苦笑

最後に村田の「あの」ひと振りとは、佐々岡真司(広島)の引退試合で放った「あの」本塁打のことです。当ブログの読者で「あれ」を知らない方はほとんどいないでしょうが… 苦笑

その年、惜しくも1本差で本塁打王を逃したのが現・巨人監督の高橋由伸。果たして「あれ」がなければ、今でも村田は巨人でプレーできていたのでしょうか…。

ないない!それは絶対ない!笑

…ということで、次回は2008~2017年の「本塁打2位」の選手たちをご紹介します。


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA