阪神「生え抜き和製大砲」の歴史3/中谷、大山の成績を大予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12球団の中で、最も長く「生え抜き日本人打者」によるシーズン30本塁打から遠ざかっている阪神。

関連記事:阪神・中谷、初の20本塁打で阪神待望の「生え抜き和製大砲」誕生か?

1985年の掛布雅之(40本)と岡田彰布(35本)以来、なんと32年間も生え抜き日本人打者がシーズン30本塁打を記録していません。

今回も前々回前回に引き続き、阪神の長年に渡る「生え抜き和製大砲」不在について、他のチームと比べてどれくらい悩まされてきたのかを振り返ります。

スポンサードリンク

阪神「生え抜き和製大砲」の歴史 2008~2012

昨年までの過去30年間(1988~2017年)のそれぞれの年で、阪神の生え抜き日本人打者の中で一番多く本塁打を打った選手を「永遠のライバル」巨人の場合と比較しながらご紹介したいと思います。

なお、一気に30年分はさすがに多いので(苦笑)3回に渡ってお伝えしています。

最終回は2008~2017年の記録です。

2008年
阪神 13本/鳥谷敬
.281(523-147)13本 80打点 72四死球 OPS.776

巨人 24本/阿部慎之助
.271(428-116)24本 67打点 52四死球 OPS.852

前年9本塁打で期待された桜井広大が故障もあって0本塁打に終わり、13本塁打の鳥谷が2年連続のトップとなりました。巨人は外様のラミレス(45本)と小笠原道大(36本)に阿部が24本で続きました。

 
2009年
阪神 20本/鳥谷敬
.288(538-155)20本 75打点 70四死球 OPS.832

巨人 32本/阿部慎之助
.293(409-120)32本 76打点 44四死球 OPS.943

鳥谷が2006年の濱中治以来となる生え抜き日本人打者による20本塁打を記録して3年連続のトップとなり、期待の桜井が12本塁打で続きました。巨人は阿部がチームトップの32本塁打を放ちました。

 
2010年
阪神 19本/鳥谷敬
.301(575-173)19本 104打点 69四死球 OPS.848

巨人 44本/阿部慎之助
.281(498-140)44本 *92打点 69四死球 OPS.976

外様のブラゼル(47本)と城島健司(28本)の陰に隠れましたが、鳥谷が4年連続のトップ。遊撃手として史上初の100打点を記録しました。巨人は阿部が初の40本塁打。これで捕手は反則すぎます 笑

 
2011年
阪神 *5本/鳥谷敬
.300(500-150)*5本 51打点 82四死球 OPS.809

巨人 20本/阿部慎之助
.292(390-114)20本 61打点 44四死球 OPS.863

この年から導入された「違反球」の影響で各球団本塁打数が激減したとは言え、5本塁打の鳥谷が生え抜き日本人打者トップは寂しすぎます…。巨人は阿部が規定打席未到達ながら20本塁打を記録。

 
2012年
阪神 *8本/鳥谷敬
.262(515-135)*8本 *59打点 96四死球 OPS.748

巨人 27本/阿部慎之助
.340(467-159)27本 104打点 78四死球 OPS.994

この年も「違反球」が使われ、トップはまたもわずか8本塁打の鳥谷でした。巨人は阿部がリーグ2位の27本塁打に加え、首位打者、打点王とあわや三冠王の大活躍。これで捕手は反則すぎます 笑

阪神「生え抜き和製大砲」の歴史 2013~2017

2013年
阪神 10本/鳥谷敬
.282(532-150)10本 65打点 108四死球 OPS.812

巨人 32本/阿部慎之助
.296(422-125)32本 91打点 101四死球 OPS.991

鳥谷が10本塁打でトップ。「違反球」の使用がストップしたにもかかわらず、生え抜き日本人打者の2位は2本塁打の上本博紀。はっきり言って異常です。巨人は阿部が32本塁打。これで捕手は…(自重)
 
 
2014年

阪神 *8本/鳥谷敬
.313(550-172)*8本 73打点 89四死球 OPS.820

巨人 19本/阿部慎之助
.248(459-114)19本 57打点 65四死球 OPS.765

上本博紀と梅野隆太郎が7本塁打と健闘(?)するも、鳥谷の牙城は崩せず。これで鳥谷は8年連続のトップとなりました。巨人は阿部が何とかトップを死守。この頃から巨人も貧打に悩まされ始めます。

 
2015年
阪神 *6本/鳥谷敬
.281(551-155)*6本 42打点 90四死球 OPS.747

巨人 15本/阿部慎之助
.242(343-*83)15本 47打点 72四死球 OPS.784

巨人 15本/長野久義
.251(434-109)15本 52打点 38四死球 OPS.725

鳥谷が5本塁打の江越大賀を振り切り、2007年以来9年連続のトップとなりました。巨人も阿部が8年連続トップですが、長野が15本塁打とついに並ぶ選手が現れました。両チーム貧打ぶりが酷いです。

 
2016年
阪神 11本/原口文仁
.299(318-*95)11本 46打点 41四死球 OPS.829

巨人 23本/坂本勇人
.344(488-168)23本 75打点 81四死球 OPS.988

開幕直後まで育成選手契約だった原口が5月の月間MVPを獲得するなど突如ブレイク。11本塁打でとうとう鳥谷の連続トップがストップしました。巨人は坂本が23本塁打。初の首位打者を獲得しました。

 
2017年
阪神 20本/中谷将大
.241(411-*99)20本 61打点 41四死球 OPS.751

巨人 16本/長野久義
.261(463-121)16本 46打点 51四死球 OPS.755

前年4本塁打の中谷が急成長を遂げ、見事2009年の鳥谷以来となる生え抜き日本人打者による20本塁打を達成しました。巨人は長野が16本塁打で2度目のトップ。久しぶりに阪神が巨人を上回りました。

スポンサードリンク

鳥谷まさかの9年連続トップ…

阪神にとっては今までがまだマシ(?)だと思えるほど、辛~い期間が続きました 苦笑

何せ決してホームラン打者ではない鳥谷が、2007年からなんと9年連続で生え抜き日本人打者のチーム最多本塁打を記録。その間「違反球」の年があったとはいえ、1ケタ本塁打の年が4回もありました。

2007~2010年に「生え抜き和製大砲」候補としてファンの期待を集めたのは桜井。2009年には320打席で12本塁打、打率も.302を記録し、ブレイクまであと一歩のところまでいきました。

しかし、この選手も濱中治同様ケガが多く、2011年に28歳という若さで戦力外通告を受けました。

巨人は完全に阿部一強。この期間も小笠原道大、ラミレス、村田修一と長距離砲が他球団から続々移籍し、坂本勇人や長野久義らの台頭もありましたが、捕手・阿部は安定して本塁打を打ち続けました。

両チーム潮目が変わってきたのは2014年頃からでしょうか。

阪神は梅野隆太郎、江越大賀、原口文仁、中谷将大、大山悠輔など、まだ粗削りながら長打力を秘めた若手選手たちが現れ始めます。(現在伸び悩んでいる選手もちらほらいますが… 苦笑)

巨人は阿部が衰え、中堅の坂本、長野は中距離打者なので、早く「生え抜き和製大砲」候補が現れてほしいところですが、最近一軍で結果を残した若手選手は昨年45打席で4本塁打の宇佐見真吾くらい。

現時点では、阪神の方が近い将来の「生え抜き和製大砲」誕生の可能性が高いと言えるでしょう。

なお、昨年までの過去30年間(1988~2017年)で生え抜き日本人打者がシーズン30本塁打を記録した回数は、阪神はこの企画の冒頭でお伝えした通りもちろん(?)0回で、対する巨人は17回でした。

2018年の中谷、大山の成績を大予想!

さて、阪神の若手選手の中でも特に飛躍が期待される中谷と大山の今季の成績を予想します!

中谷将大
2018  .247(498-123)28本 73打点 47四死球 OPS.781

大山悠輔
2018  .273(491-134)20本 86打点 54四死球 OPS.806

昨年のセ・リーグの規定打席到達者の平均打席数が554打席だったので、一応両者とも550打席で数字を出してみました。

中谷は、オフの間に金本知憲監督から出された課題をしっかり克服して春季キャンプに臨むなど、昨年の20本塁打という成績に慢心はなさそうです。

課題はどれだけ打撃の確実性を上げるかということですが、本塁打に関しては30本に迫る数字を十分期待できると思います。

大山は、インタビューなどを見ると本塁打よりも打点の方にこだわりがある様子。キャンプでも右方向へ打つ意識が高そうな感じなので、本塁打は中谷よりも少なめに予想しました。

その代わり、打率は間違いなく昨年(.237)より上がるでしょうし、元々勝負強さには定評がありますから、フル出場すれば80打点は超えてきそうです。不安は二塁へのコンバートですかね。

いずれにしても阪神は、今季「生え抜き日本人打者」がシーズン30本塁打を記録することはかなりハードルが高いでしょうが、いずれこの2人のどちらかが達成してくれることを祈りたいと思います。

さあ、阪神に「21世紀のON砲」誕生となるでしょうか?


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る