恐るべし!ヤクルト・バレンティンの「31本塁打力」が今季も発動か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在、5位の中日に12.5ゲーム差をつけられて「ダントツ最下位」のヤクルト。

以前当ブログでもお伝えしたように、山田哲人の3年連続トリプルスリーもすでに絶望的とあって、今季ここからのヤクルトには特に注目すべき要素は何もないような気がします。

関連記事:ヤクルト・山田の3年連続トリプルスリーの可能性を今さら探ってみた。

しかし実は、私のような個人成績フェチにとっては非常に興味深い「珍」記録が達成されるかどうか、密かに目が離せない状況になってきているのです。

その「珍」記録達成(?)がかかっているのは、山田と並ぶチームの主砲・バレンティンです。

スポンサードリンク

2013年に日本新記録の60本塁打!

バレンティンといえば、一般的なプロ野球ファンには日本新記録となるシーズン60本塁打をかっ飛ばした「あの」2013年の大活躍が印象深いと思います。

バレンティンの昨年までの年度別成績はこちら。

2011  .228(486-111)31本 *76打点 *63四死球 OPS*.783
2012  .272(353-*96)31本 *81打点 *67四死球 OPS*.958
2013  .330(439-145)60本 131打点 104四死球 OPS1.234
2014  .301(366-110)31本 *69打点 *77四死球 OPS1.007
2015  .186(*43-**8)*1本 **6打点 **9四死球 OPS*.629
2016  .269(457-123)31本 *96打点 *75四死球 OPS*.885

来日1年目の2011年にいきなり本塁打王を獲得。しかもこの年の「規定打席到達者中、打率リーグ最下位」での本塁打王という「珍」記録のおまけ付きでした。

2012年、今度は「規定打席未到達」で本塁打王という2リーグ制後初のこれまた「珍」記録を達成。

これだけでもバレンティンの凄さが十分伝わってくるのですが、やはり何度見ても2013年の成績は圧巻です。「60本塁打」ってベーブルースかよ!苦笑(変なノリすみません…。)

ところが、この成績で獲得できた打撃三部門のタイトルはなんと本塁打王のみ。首位打者はともかく、131打点も挙げておきながら打点王すら獲得できませんでした。

同じ年に下記の成績を残したブランコ(DeNA)がいたため、首位打者と打点王はブランコが獲得し、両者でお互いの三冠王を阻止し合ってしまったのです 笑

ブランコ(DeNA)
2013  .333(483-161)41本 136打点 71四死球 OPS1.049

バレンティンの「31本塁打力」とは?

しかし、私が注目していただきたいのは2013年の成績ではありません。このバレンティンの過去6年間の成績を見てあることに気が付きませんか。…はい、もうお分かりですね?

そう、なんとバレンティンはヤクルト入団からの6年間で実に4回も「シーズン31本塁打」を記録しているのです。これはもう狙っているとしか思えません 笑

そして、今季のバレンティンの成績がこちら。

.266(387-103)29本 69打点 55四死球 OPS.884

ヤクルトの残り試合は19試合。しかも今季のバレンティンは7月、8月の2か月だけで20本塁打を記録しているので、このペースなら31本なんてあっさり超えてきそうな気がします。

でも、ちょっと待ってください。バレンティンの「31本塁打力」をなめてはいけません。

バレンティンはこの9月に入ってからの4試合で17打数2安打。打率.118、0本塁打と人知れず(?)大ブレーキに陥っているのです。

これは、自身5回目のシーズン31本塁打に向けて、着々と調整を始めている可能性があります 笑

スポンサードリンク

「31」本塁打でも「32」本塁打でも…

ネット上では、わりと今まで何度か話題に上ってきたバレンティンのこの「珍」記録。

今季はまだ確認できていませんが、このまましばらくバレンティンに本塁打が出なければ、再びネット上でこの「31本塁打力」が話題となることでしょう。

シーズン終了までに予定通り(?)あと本塁打「2本」で終われば、バレンティンの「31本塁打力」は今季も見事に証明されることになります。

それではもし、今季バレンティンが本塁打をあと「3本」打ってしまったら、彼の「31本塁打力」は証明されなかったことになるのでしょうか。

いいえ。実はあと「3本」、すなわち今季「32本塁打」で終わったとしても、別の意味でバレンティンの「31本塁打力」は証明されてしまうのです。

「32本塁打」で今季を終了した場合のバレンティンの通算本塁打数「217」を、バレンティンがヤクルトでプレーした年数「7」で割ってみてください。「217÷7=??」

なんとそこには、見事に「31」という数字が浮かび上がってくるのです!

もうここまでくるとホラーです!笑 恐るべし、バレンティンの「31本塁打力」!

ヤクルトファンのみなさん、今季はもうこのバレンティンの「31本塁打力」だけを楽しみに応援しませんか?(失礼)


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る