イチローの2018年の移籍先は?/38歳以降の安打数ランキング1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年マーリンズからFAとなったイチローの所属チームがなかなか決まりません。

古巣であるマリナーズや若手選手が多いパドレスなどが移籍先の候補として挙げられていましたが、交渉は不調に終わったそうです。

最近は、外野陣が手薄なジャイアンツが移籍先として浮上しているとか、メジャー球団からのオファーがなければ日本球界復帰もあるかもしれない、などという情報も伝わってきます。

もしイチローが日本球界に復帰する場合は、古巣・オリックスと、イチローの出身地である愛知県の地元球団・中日が獲得に乗り出すと言われています。

今年で45歳を迎える球界のレジェンド、イチローの去就からしばらく目が離せません。

スポンサードリンク

連続200安打ストップ以降のイチローの成績

イチローと言えば、ご存じの通り「10年連続200安打」というMLB記録を樹立しましたが、その記録が途切れたのが2011年。1973年10月22日生まれのイチローが38歳になる年でした。

個人的には「もうそんなにたったのか…。」という感じがしますが、イチローはそれ以降どのような成績を残してきたのでしょうか。

イチローの2011年以降の年度別成績と年齢、その期間の合計成績がこちらです。(詳細はWikipediaでどうぞ。)

2011(38).272 5本 47打点
2012(39).283 9本 55打点
2013(40).262 7本 35打点
2014(41).284 1本 22打点
2015(42).229 1本 21打点
2016(43).291 1本 22打点
2017(44).255 3本 20打点

.269(3106-836
)27本 222打点

残念ながら、2011年以降は200安打も打率3割も記録していません。

全盛期のイチローは、メジャーリーグでも「3割を打って当たり前」という選手だったので、この7年間の通算打率が.269というのは少々寂しい気もします。

しかし、これは野球の世界最高峰であるメジャーリーグでの成績です。しかも、イチローの年齢を考えればやはり驚異的な数字だと言えるでしょう。

特に彼の代名詞とも言える安打数は、38歳になった年以降で合計836本を記録しています。これは、現在36歳の青木宣親がメジャーリーグ6年間で記録した774安打を上回っています。

44歳になる年だった昨年は、メジャー移籍後自己最少の50安打に終わりました。しかし、代打安打はMLB記録にあと1本と迫る27本を記録。「安打製造機」の健在ぶりを十分に示しました。

常々「50歳までプレーしたい。」と語っているイチロー。上述したように移籍先はまだ決まっていませんが、ここからまたどれくらいの安打数を積み重ねることができるのか楽しみです。

38歳以降の安打数ランキング9~10位

38歳というと、昔は大抵の選手がすでに衰えてしまって主力からは外されるか、もしくは引退するような年齢でした。

しかし、最近は日本でもプロ野球選手の選手寿命が延び、イチローのように38歳以降も主力として活躍する選手がそれほど珍しくはなくなりました。(もちろん今でも凄いことではあるんですが…。)

そこで今回は、過去30年間(1988~2017年)に現役でプレーした選手(イチローは除く)の「38歳になった年」以降の合計安打数ベスト10をご紹介したいと思います。

なお、この記録は「年齢」よりも「学年」で区切るのが妥当だと思いますので、いわゆる早生まれの選手は「37歳になった年」以降の合計安打数とします。

ただし、わかりやすくするために年齢表記は遅生まれの年齢の方に合わせます。

10位/477安打
稲葉篤紀(元ヤクルト、日本ハム)

2010(38).287 16本 79打点
2011(39).262 12本 54打点
2012(40).290 10本 61打点
2013(41).203 *3本 24打点
2014(42).234 *3本 12打点

.266(1790-477)44本 230打点

そもそも稲葉は、4年連続打率3割を記録した34歳から37歳のあたりが全盛期でした。2010年に惜しくもその記録は途切れましたが、2012年までは十分に主力として活躍しました。「違反球」1年目の2011年は不調でしたが、2年目の2012年に打率を3割近くまで上げてきたのはさすがです。

 
9位/483安打
井口資仁(元ダイエー、ロッテ他

2012(38).255 11本 60打点
2013(39).297 23本 83打点
2014(40).238 10本 49打点
2015(41).247 *6本 28打点
2016(42).257 *5本 34打点
2017(43).244 *2本 15打点

.261(1849-483)57本 269打点

メジャーリーグでの4年間を経て、35歳になる年からロッテでプレーした井口。何と言っても目がいくのは2013年の成績です。三番打者として活躍し、23本塁打、83打点はチームトップ。出塁率.390はリーグ6位でした。現役最後の2年間は代打出場が多かったものの、十分に存在感を示しました。

スポンサードリンク

38歳以降の安打数ランキング6~8位

8位/512安打
谷繫元信(元横浜、中日)

2008(38).234 2本 27打点
2009(39).208 9本 33打点
2010(40).244 7本 32打点
2011(41).256 6本 31打点
2012(42).228 5本 32打点
2013(43).216 6本 34打点
2014(44).195 1本 23打点
2015(45).277 1本 *4打点

.228(2250-512)37本 216打点

今年のイチローと同じ45歳になる年までプレーした谷繫。2007年以降100安打以上の年はなかったものの、兼任監督1年目の2014年まで正捕手として地道に安打を積み重ねました。2011年はチーム打率がリーグ最下位の.228と低迷する中、打率.256を記録。勝負強い打撃でリーグ優勝に貢献しました。

 
7位/548安打
大島康徳(元中日、日本ハム)

1988(38).276 15本 63打点
1989(39).265 18本 59打点
1990(40).267 11本 50打点
1991(41).251 10本 61打点
1992(42).258 *5本 28打点
1993(43).262 *0本 *8打点
1994(44).323 *2本 22打点

.266(2059-548)61本 291打点

1983年に本塁打王を獲得するも徐々に出場機会が減り、1985~1987年は規定打席に届きませんでした。しかし38歳になる1988年に日本ハムに移籍すると4年連続規定打席に到達。主力として活躍しました。現役最終年はほとんどが代打出場で、21安打で22打点と驚異的な勝負強さを誇りました。

 
6位/698安打
宮本慎也(元ヤクルト)

2008(38).308 3本 32打点
2009(39).294 5本 46打点
2010(40).276 4本 39打点
2011(41).302 2本 35打点
2012(42).267 3本 23打点
2013(43)
.266 0本 17打点

.288(2426-698)17本 192打点

30代前半までは遊撃手として抜群の守備力と確実性の高い犠打が売りだった宮本も徐々に打撃が上達。最終的には打率3割を5回記録し、2000本安打を達成しました。38歳になる2008年以降も打率3割が2回。守備力も健在で、2009年から三塁手として4年連続ゴールデングラブ賞を受賞しています。

以上、10位から6位でした。いかがだったでしょうか。

次回は5位から1位の選手をご紹介します!


follow us in feedly

この記事を読んだ方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る